2011年3月16日水曜日

わが家の内田樹センセイ本

こんなときに普通の記事を書くのはどうか、と思っていたのですが、今日からは再開(予定)。


昨年、『街場のアメリカ論』を「けっこう面白い」と思ってから、少しずつ買い集められた内田先生本♪
ただ、本棚のスペースの関係で、新書以上の大きさの本は買わないというのがうちのルール。

全部が全部、同意できるわけでもないのだけど、総体的には楽しく、一冊ずつ拝読中。『寝ながら学べる構造主義』は分かりやすさという点で名著! 文学部を出ているくせに、自分がいかに教養がないかということがよく分かりました(笑)。バルトとレヴィ=ストロースを読みたくなった。

0 件のコメント: