2016年6月3日金曜日

Alienware X51 でブルースクリーン頻発→単なる熱暴走だった

タイトルのとおりで、誰か(他のAlienware X51利用者)のためにメモっておきます。

結論(6/7修正!!!)

熱暴走でした。
熱暴走って本当にあるんだなー。
二十年間、いろいろなノートやデスクトップを使ってきたけど、初めてです。
Alienware X51がそんなに排熱に気を使わなければならないとは知らなかった……よく考えたら、電源330Wだし、あのコンパクトな筐体にマシンパワーを詰め込んでいるのだから当然かもしれませんが。

気温が温かくなった五月末から、一週間くらいPhotohsop作業中に落ちまくってリカバリまでしたマシンですが、扇風機でピンポイントに冷やし続けてからは、ほとんど問題が起こっていません。一度だけやっぱりPhotoshopが落ちたけど、ブルースクリーンにはならないですみました。というわけで、今後の教訓をまとめると、こうなります。

・Alienware X51で、ブルースクリーンと再起動が頻発するようになったら、まずは置き場所と排熱をチェックする。コンセントはしっかり差し込まれているか(笑)、背面などに埃が溜まっていないか、作業中に本体はどのくらい熱くなるか。熱いと感じた場合、置き場所を変えたり、縦置きにしたり、扇風機などで冷やし続けるとどうなるか。これでエラーが止まれば、排熱の問題(-_-;)

・もし、電源が怪しいと感じた場合は、コンセントを変えてみる、置いてある部屋を変えてみる。

・ハードウェア的な問題かどうか確信が持てなくなったら、やっとHDやメモリのエラーチェックの出番。システムスキャンや、Windowsを復元ポイントに戻すなど。そのほか色々やっても解決しなければ、Alien Respawnからリカバリする……ここらへんはネットで検索するとたくさん情報がありますね。

これから夏の間はずっと扇風機を使うしかないのだろうか。
一度カバーを開けて掃除(?)してみようかな。
去年の夏はなぜ大丈夫だったのだろう?

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントは管理者が確認した後に公開されます。
(このブログや投稿にそぐわないと思った場合は公開しておりません)