2018年2月1日木曜日

ヘリオドール


一月はtwitterを見ないようにしていたのですが、なかなか静かで、集中したいときはいいですね。
ただ、そのせいで(?)テレビの池袋ショーの特集を見逃してしまった。全然情報を知らなくて。親が面白かったと言ってました。
まあ、ミネラルショー前後にはまた必要ですが~。

去年の池袋ショーのヘリオドールです。

Beryl, var. Heliodor
Volodarsk Volynskiy Deposit,
Zhytomir Region,
Ukraine
21mm*12.9mm







写真だと細部が分かって良いなぁ。

いろんな形のものが売られていました。


おしりのところ。

わりと持ち運び用です。壊れにくそうな形だし。



ちくま学芸文庫で出た『鉱物 人と文化をめぐる物語』を読みました。
掘秀道先生のエッセイなどを集めたものです。
文章が古風というか格調高いです……。



いちばん面白かったのは、「タイム・マシーン」。
「鉱石」という言葉の意味が、辞書的な定義ではなく、日本列島の歴史として想像できる気がしました。

江戸時代以前、必要な材料はすべてこの列島から得なければならなかった、ということが、何でも輸入できる今では想像できないほど大変で、そのぶん、各地域の山や鉱脈をよく見ていたんだろうなと。

天孫降臨の神話がある日向の高千穂が、日本最大の錫(青銅を作るのに必要)の産地、というのも面白いと思いました。

「美しい石の都」サンクトペテルブルグやブルガリアには一応行ったことがあるし、ラピスラズリはちょうど読んでいた『宝石の国』に出てきたしw、修学旅行にかこつけて苗木町に行った(!)とか、新宿ショーが始まったころの経緯とか、昔のお話も興味深かったです。新宿ショーは最初赤字だったのですね……。

一遍ずつじっくり読めます。ぜひ~


0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントは管理者が確認した後に公開されます。
(このブログや投稿にそぐわないと思った場合は公開しておりません)