スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

Pick Up

東京国際ミネラル秋のフェア2018

初日に行ってきました!
東京国際ミネラル秋のフェア2018


ほんとはミュンヘンショー後まで冬眠しようと思っていたのですが、やはり無理でした。(実は横浜のミネラルフェアも行った)

えーと、いちおう最初にアルプス産の水晶も見たのですが、お財布と折り合いがつきそうになかったです。ほんの数年前が、懐かしくなっただけでした。で、それはいったん忘れて。


先着プレが糸魚川翡翠だったため、あちこちの翡翠のお店が気になりました。

小滝物産店さんで、糸魚川の観光パンフレットがたくさんあったので、最初にゲット。『翡翠がわかる』(松原聰先生著)もゲット。他にも写真集もありました。(個人的にはフォッサマグナ・ミュージアムの『よくわかる糸魚川の大地のなりたち』が見たかったです。もちろん現地に行ったら買いますけどね~!)
ガラスケースの、明るく透明感のある緑色の勾玉群が素晴らしかったです。いつかは一つ。


翡翠と似た石をまとめたこのチラシなんて、糸魚川に行くとき(いつかは分からないけど)すごく役立ちそうじゃないですか。熟読、というか頭に叩き込んでいかないと! 翡翠海岸!

えーと、全体的に、会場はあまり混んでなくてゆっくり見られたと思います。マクネイルさんも人垣が一重でしたし。
ホリさん横の国産鉱物で日本式双晶の水晶がいくつもあって、ぐぬぬと思いましたが、終わりにする標本が欲しいのでがまんしました(分かる人には分かる)。あと個性派のアメシストをじっくり観察、単結晶でも情報量が多い石はやっぱりいいです。そんなにすぐには売れないと思うので……(言い訳)。

ジオードの水晶、明るく緑色のエメラルド(あとは母岩がほんのちょっぴりついていたらいいのに!)も気になりました。エメラルドは明るい緑のゼリエースみたいなのが欲しいんです。「植物の心」みたいなやつ。


見るだけコーナーその1


見るだけコーナーその2

第一会場奥の階段を上がると、スライスされた瑪瑙などの石が。ベーコンに似ている石、緑の風景がすごい(語彙力がなくてこれしか言えない)石が目につきました。うわー、面白いなぁ。アクセサリーや小さい石を乗せるディスプレイ用によかったかもしれません。

このお店で、ガラスケースに入ったすごく透明な(と書くと普通に思うでしょうが、透明な氷そのもの)単結晶や母岩付きがあって、ヒマラヤ水晶はいろんなところにあるけど、このクオリテ…

最新の投稿

2018年10月

2018年9月

トマトありがと~お疲れ様。(8月)

野菜の出来、不出来

最後の夏休み

2018年の畑(7月)ナスが本気を出してきた

やりがいの場所

2018年の畑(7月)収穫シーズン到来!

尖石縄文考古館で国宝土偶を見た

2018年の畑(6月)ナス、ピーマン、枝豆、コーン