2011年5月6日金曜日

九寨溝・黄龍・楽山・峨眉山

九寨溝・黄龍・楽山・峨眉山を回って、昨夜帰国しました。
旅行の日記は、旅行ブログで書こうと思いますが、とりあえずハイライト(?)写真をアップ。


一日目の黄龍。景色はいいけど、きつかった。
寝不足で、3500メートルの高地を登って下ったのがこたえました。


二、三日目の九寨溝。お天気にも恵まれ、一番よかったところです。
二日あったので、ゆっくり見て回れました。


白神山地に似たような小さな青い池があるけど、
九寨溝では、広々とした池や湖が全部、こんな色。
深い青からエメラルド・グリーンまでさまざま。


鏡のように山を映す池もありました。


ちなみに、九寨溝にはもともとチベット人が住んでいて、チベット人の村もあります。
広義の「チベット」は、中国が指定する「チベット人自治区」よりずっと広く、四川省や青海省、雲南省の一部にもチベット人が住んでいるそうです。


色とりどりの旗は、祈祷文が書いてある「タルチョ」。うっすらと虹も出ています。


成都の近くの楽山大仏。


良寛さんが憧れながら、一生かかっても行けなかった、峨眉山。仏教と道教の聖地です。
今はバスとロープウェーで簡単に登ることができます。



山と雲海が素敵でした~(ため息)。

0 件のコメント: