2016年5月26日木曜日

玉鋼(たまはがね)を手に入れた

石フリマの戦利品が続きます!

玉鋼(たまはがね)。
言わずと知れた、日本刀の材料である。

島根県の「日刀保たたら」で生産されている。
(読みはニットウホウでいいのだろうか……)

「たたら吹き」というのは、歴史の教科書などにも出てくる、日本古来の製鉄技術。

パンフレットによると、砂鉄10トン木炭12トンから、粘土製の炉で三昼夜かかって、2.5トンの鉄の塊(けら)になる。そのうちのわずか100キロほど、1級Aと呼ばれる精良な鉄を販売している。これは鉄の純度がとても高く、近代の製鉄技術でも作ることができないそうです。


小さな桐箱(約6センチ×5センチ)の中に、玉鋼のかけらが四つ。


一つだけ、ぴかぴか光っている。
これ、錆びないといいなー(^-^)
純度が高いなら大丈夫かな?


それ以外も、よく見ると少しずつ色が違っていて、不思議。

石フリマで、最初から目をつけてました。買えてよかった。


日本刀のゲームはやったことがないのですが、多少興味があるので上野の東博のミュージアムショップで、こういう本を買ったりしてました。
ブームになって、この本が近所の小さな本屋で平積みになってるのを見たときは、かなり驚きましたね……。

玉鋼は、刀剣博物館でも買えるそうです!

ランキング♪

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントは管理者が確認した後に公開されます。
(このブログや投稿にそぐわないと思った場合は公開しておりません)