2016年1月29日金曜日

アウシュビッツ(怖いところではなかったです)



クラクフ近郊にある、負の世界遺産アウシュビッツ。

『シンドラーのリスト』と『ライフ・イズ・ビューティフル』を見て予習していきました。

『ライフ・~』は、前半コメディで、男の子は可愛いし、家族は幸せそうだし、北イタリアの街は美しいし。でも、お父さんがユダヤ人なので、ナチスがユダヤ人を絶滅収容所に送り込み始めたとき(イタリアはドイツの同盟国)、ママ以外は連れて行かれてしまう。イタリアの名家出身のママも後を追う。

家畜用の貨車に詰め込まれて、行先はアウシュビッツ、ビルケナウみたいな場所。最初に「選別」があって、老人、子ども、妊婦など労働力にならないと思われた人たちは、「シャワーを浴びるように」と言われて、密閉したガス室で殺される。

男の子はお父さんの機転で、自分がいる場所の残酷さを知らずに生きのびる。
「これはゲームなんだ。泣いたり、ママに会いたがったりしたら減点」
そして、最後の最後、「戦車だ! パパの言ったことは正しかったんだ」っていう男の子の無邪気さに、何度見ても泣いてしまう~。

ということで、アウシュビッツとビルケナウに行ったのですが、ツアーで行きたくない人は、パスしてクラクフ散策をしていてもよかったのですが、全員参加でした。

あくまで個人的な感想ですが、こういう場所は見る(知る)こと自体が供養では……と。
怖い場所という感じはなかったです。これを書いておきたかった。
花が売られていたりしましたが、これまでに大勢の人がこの場所で祈ってきたんだろうな、と思いました。そんな空気が流れている場所。

入り口のセキュリティは厳しく、正しいガイドなしには見て回ることはできないのですが、写真は自由に撮れ、みんなバシバシ撮影していて、特にどうということもなかったです。
私は最初だけカメラがSDカードを認識しなかったけど、あれは、偶然だからー!(確かにあまりない偶然だけど、いやな感じもなかったし、その後何事もなかったように元に戻った)

写真が撮れない場所は、ガス室と、亡くなった方の髪の毛(すごくたくさん)がある部屋だけでした。
おびただしい数のスーツケース(名前が書いてある。安心させるため「後で間違えないように名前を書いて」と指示した)、ブラシ類、くつ、子どもたちの服……ガス室も、死の壁も、ちゃんと丁寧に、見てきましたよ。

詳しくは旅行記で……いつ書くんだろう(以下は写真のみ、三枚)


ビルケナウのほうがとにかく広く感じました。
遠くに実際にユダヤ人たちを運んだ貨車があります。

ランキング♪
にほんブログ村 コレクションブログ 鉱物・岩石・化石へ

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントは管理者が確認した後に公開されます。
(このブログや投稿にそぐわないと思った場合は公開しておりません)