2017年2月13日月曜日

熱海、来宮神社、伊豆山神社、走湯神社

最近は何かと出費が多くて、自然と石禁になってます。今月は旅行の月。

先週、女四人で久しぶりに熱海に行ったのですが、私のパワースポット・リストに追加すべき場所が見つかったので、写真を貼っておきます。

今のところ、まあ、自分で行ったところだけですが、
諏訪神社 上社前宮
奈良の三輪山 山頂
出雲 命主社
などは、「気(雰囲気)が良かったな~」というリストに入っております^^。
こういうのは、個人の好みもあって、たとえば東京タワーなどを自分のパワースポット(元気をもらえる場所)にしている人もいるかと思いますが、私はやっぱり自然、とくに大きな樹木に惹かれますね。


来宮神社の大楠。

今まで見た中でいちばん大きな樹かもしれないです。私は屋久島に行ったことがないので。
いやぁ~~~近所にあったらしょっ中散歩に出かけるのに! って思うくらい気に入りました。近くを通ったら、また途中下車しようっと!


来宮神社



熱海から、伊東線で一駅。

来宮駅からは、線路沿いのやたら細い道を歩いて、五分ほど。
アクセスがいいので、参拝客もかなり多いです。
わりとこじんまりした神社で、あと、特徴として、とても「今風」です。


入口の笹の葉が冬でもきれい!

さて、何が「今風」かといいますと、
・掲題のあちこちにスマホで写真を撮る用の台が置いてある。ちゃんと構図を考えて配置されているので、グループ写真もすぐ撮れる。
・インスタのアカウントもある。
・お守り売り場と小さなカフェがめちゃオシャレ。
スイーツが食べられる、コーヒーも飲める。トイレが新しい。
・案内チラシも茶色いざらざらした紙にイラストがかわいい。オシャレ。
・大楠の奥にある休憩所(?)もオシャレ。
などなど。

すばらしい。


こちら境内。

お姉さんごめんなさい、一緒に写してしまって。
結構混んでいて、人がいなくなるすきがなくって。


境内の左奥に大楠があります!!!!
なかなか圧倒されます。

大楠は、
・一周すると一年寿命が延びる
・願い事を心に浮かべながら一周するといい
だそうです。
一周する道もちゃんと作られていて、願い事を心に浮かべながら回ると、楽しいですよ。

そこのおばちゃま達! 境内にある大きめの楠を「これじゃない? 一周しときましょうよ」ってそれ、違いますから!ww


友だちに撮ってもらった写真。

虹がかかっているようで(左上に太陽があるので、何かに反射したのでしょう)綺麗♪
ありがとう!

最初の日の午後、雨だったんですが、それでも「すごくいい場所だな」とびっくりして。雨の日は楠の匂いが強かったような気もします。それで二日目帰る前にも、また寄ってしまいました。


境内右手には、小さな弁財天のお社と、池。

苔むした岩が大きく、存在感があります。


芸能の神様ということで、しっかりとお参り。


入り口の近くには、稲荷社と大岩がありました。

この赤い鳥居も、綺麗に撮れるように写真台があって、なかなか親切。

しかし、何ですかね、カフェの建物とか、あまり写真を撮っていないことに気づきました。
興奮していたみたいです。
大楠も写真を撮るより、周囲をぐるぐる回るのに忙しくて。w

そういえば、神社の由来の看板も撮ってない。あぁ~

カフェにあったおまんじゅう、熱海駅で売っていた「くろむぎ」というお菓子、どちらも美味しかったです。「くろむぎ」は、ちょっと駅のカフェで休憩していたらなくなってしまい、最後の一個を入手しただけですが。(次回は見つけたら売り切れる前にすぐ買うぞ)

伊豆山神社、走湯神社


伊豆山神社はもっと静かですが、こちらもよかったです!


2016年11月にオープンした熱海駅ビル。

ここからバスに乗って、伊豆山神社前まで行きました。


4番乗り場です。


バス停を降りると、階段があり、登りきると本殿前に出ます。

ここらへんで後ろを振り返ると、こんな景色。


手水社には赤と白の龍がいます。

光り石です。腰かけてみましたよ~。


伊豆山神社の参道は、海からずっと昇る階段です。
バスで「伊豆山神社前」まで来ると、この図の上から三分の一ほどのところにある「市道 648段」まで到着します。


この本殿のさらに背後にある本殿を目指しました。

入口の白山神社遥拝所から、白山神社までは、よくある山の中のハイキング道という感じでしょうか。そんなに険しくはないですが、スニーカーのほうがいいと思います。

白山神社から結明神社までの道は、公園の敷地の中を通るような感じになります。
人家も立ち並んでいます。別荘かもしれません。


これは結明神社ですが、このすぐ右側は車道になっています。
(つまり、ここまでは車で来れるんでしょうね)
写真右奥のハイキングコースのような道を進んでいくと、少しあたりが開けて本宮に出ます。


ここまでに、2、3組の人とすれ違いましたが、本宮周辺はひっそりしていました。
といって、山の中という感じでもないです。
お天気のせいもあり、ちょっと寂しかったですね。

もときた道を戻って、本殿までの階段の途中に役小角社を見つけました。


行きに見逃していたとも言います。


中には、役小角像が。

「伊豆山神社前」からまたバスで帰ってもよかったのですが、時間があったので、海まで続く参道を降りてみることにしました。


本来は海から867段の道のりですが、下るだけなら簡単!

(と、思ったけど、ちょっと膝が痛くなった)


これを昇ってくるのは大変そうだなぁ。


あたみ桜が咲いていました。
というより、もう散りかけていました。
桜にもいろんな種類がありますね~


いよいよ海の側まで降りてきました。

走り湯神社にたどり着きました。

この神社の前には、小さな足湯もあります。
海を眺めながら入れて、気持ちよさそう。


そして、走り湯の横穴へ。


湯気でよく撮れませんが、源泉が湧き出ています。
すごーい!


走り湯の説明。

この後タクシーが見つからなかったので、途中の市道まで昇って戻り、「逢初橋」というバス停から熱海駅に帰りました。


おしまい!

【関連記事】
熱海の古屋旅館、MOA美術館で平安の人々の筆跡を見る

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントは管理者が確認した後に公開されます。
(このブログや投稿にそぐわないと思った場合は公開しておりません)