2013年3月26日火曜日

トパーズ、含銅アダム鉱、ミニミニの紫水晶

2013年春のミネラルフェアの戦果です。まずは小さいもの三点セット。

右二つは、横浜のミネラルザワールドではなく、新宿で19日から開催されていたホリミネラロジーさんのセールで。

このセールには初めて行ったんですが、初日の開場直後だったので、小さいコンビニくらいの会場がすごい人で、入るのも躊躇するくらい、中を動くのが大変でした。気温が高い日だったので、汗臭いニオイが立ち込めておりました(いえ、私もその一員だったわけですが)。

横浜があるし、財布の紐は緩めないつもりで、あらかじめサイトにアップされていた鉱物を見に行ったのですが、小さいものを買ってしまいました。

自然金の結晶はコロンとしてとても可愛いかったけど、ゴールドだからいかんせん小さい!小さい!!(笑) あれで普通のガーネット原石くらいの大きさだったらほんとに見応えがあるでしょうが、それは一体幾らなのか……。



最初に選んだのは小さいトパーズの群晶。一瞬ジオードっぽい!と思ったのですが、勿論そんなことはありません、でも、母岩の「くぼみ」に張りついている形が可愛いかったのです。  あれっ? 右の写真だけホワイトバランスが……

赤っぽい色は、サイトによると「顕微鏡サイズの針状インクルージョンにより紅色に染まっています。EDX分析では鉄が検出されたので、酸化鉄系統の鉱物だと思われます。」とのこと。
母岩の大きさは、横3.5センチ。


欲をいえば、トパーズにもう少し透明感と輝きがあるとよかったけど、何しろあれだけ人がいたので、一番きれいなものは先に買われてしまったのでしょう。でも、これは形が気に入ったのでいいのです(笑)。


後は、完全に色だけで選んだ含銅アダム鉱。写真そのままの鮮やかな緑です。
親指の第一関節くらいの大きさ(小ささ)も気に入りました。

これを機に、鉱物の世界へも興味を……持つことはないでしょう(断言)。
でもこのくらいの小ささの、とにかく色の綺麗な鉱物を集めて、写真に撮ったら、結構可愛いかも、と思っています。


最後は、横浜のミネラルショーで、入り口すぐの店で買った、ミニミニの紫水晶。一応ベラクルス産。

それこそ親指の爪くらいですが、透明感があり、色もきれい!
小さすぎて上手く写真が撮れないけど。いつかマクロレンズが欲しいなあ。
マクロレンズじゃないけど、こちらで撮り直しました。

紫水晶は紫外線で退色するというので、大物の紫水晶ほうは普段は黒い箱に入れてしまい、このミニミニは何しろ安価なので、ミネラルタックでモニターに貼りつけて、色と輝きを楽しんでいます。

0 件のコメント: