2013年9月1日日曜日

週末の石サロン

某店の売り出しに行ってきました。(どこかは写真を見れば大体分かりますね)


今回のお目当ては、欧米人バイヤーとの競争に打ち勝ち、仕入れられてきた2013年のアルパインクォーツ。

でも、常連さんとの石談義が楽しかったです。
お店が広くて荷物を置いてくつろげるし、「石を見て→しゃべって→雑誌を見て→他人がキープした石を見て→しゃべって→(戻る)」の繰り返し。まさに石サロン。

でも、うるさかったでしょうか? 静かに選びたかった方、本当にごめんなさい! 私は夢中になるとつい会話に割りこんだり、失礼なことをしてしまうので、家に帰ってから反省しました。(気をつけなきゃ!)

さて、私は、アルパインクォーツの、色が薄くて照りがあって大きめのもの、できればメインの結晶以外に、小さくてもいいので二つ以上結晶がついてるもの、を探していて、心づもりしていったんですが、大きいものでは、気に入ったのが見つかりませんでした。

あるいは、店頭に出る前に押さえられてしまったのかも?
でも、「石は縁のある人のところに行く」と、経験的に分かっているので、焦らず探そうと思います。

まあ、アルパインクォーツでなくてもいいんだけど(笑)
瞑想のとき、でーんと側に置く石なので、標本としての珍しさより、直観の相性が大事。
ただ磨きではない原石で、トップが綺麗で、キンキンに透明ではなくしっとりした感じのがいいんです(細かい)


垂涎の美結晶棚!! (ぜひこれを見に行くだけでも出かけて~)
(そして値段は隠しましたが掲載NGだったら連絡くださ~い>お兄さん)

エクストラ・ラピス(ドイツ語版)の新しい特集「ウーリ地方(Uri)」だったかな? 見せてもらいました。(リンク先はドイツ語!)
グウィンデルやクローズド、スモーキー+ピンクフローライトの美結晶など、ため息の出るような標本の写真が満載。「いつか絶対手に入れる……」は、私が漏らした言葉ではありません。

お取り置きはしなかったけど、縁のある石に出会えました。
とくに、「こういうのが欲しいとは自分でも思っていなかった」フランス産のミルキークォーツ単結晶。清涼飲料水グリーンDA・KA・RAのような、ふわっとした白濁がきれいです。


チラ見せってことで。
(これ全部買ったわけじゃないよ! これまでのコレクションにさりげなく隠して(?)みました)

実は「フローター」、裏側も完全に結晶したスイス産のアルパインクォーツも珍しいらしく、迷ったんですが、私は、スッとまっすぐ伸びた形の水晶が好きみたいです。あらためてみると、そんなのが多い。

紫水晶は柱面が発達しにくいので、どうしてもコロンとしたものが多いんですが。
それに、丸っこい石も大好物ですが……。

さて、この先は、たぶん池袋まで石は買いません。
新宿と横浜は、行かない(笑)。い……いや、行くかもしれないけど、最終日とかに。
今年前半と、良心的な名古屋ハンズとで、かなり石が増えたので、それらをバシバシ撮って過ごすつもりです。ちなみに、名古屋ハンズはもう目ぼしいもの売れちゃったんですって! 三割引は大きいよね……。

そして、芸術の秋は、とにかく自分のコンテンツ(絵、3D、小説、感想文、エトセトラ)を作って磨くことに注力したい! いろいろ好きなことを思いっきりやりたいと思います。


ランキングにも参加しています♪
にほんブログ村 コレクションブログ 鉱物・岩石・化石へ