2016年2月23日火曜日

甲府旅その1

二週間ほど前の旅行ですが、めちゃくちゃ天気が良かったので、写真がきれいで……。




いつもビューンと中央道を走って、談合坂と双葉で休憩して通り過ぎるのが甲府です。(ゴメン)

でも今回、寺社好きとしても、石好きとしても、なかなか良かった~。
フルーツパーク、昇仙峡、恵林寺、武田神社などに立ち寄りました。


談合坂で、小菅村の道の駅のピザ釜の写真が目に入り、
(ランチはここだ!)
と、大月ICで降りて、山登り。

松姫トンネル」という、シュールなトンネルがあります。

ただの真新しいトンネルなのですが、長い一直線の間、ぜんぜん車が走ってないので、異世界に行くような不思議な感じ。(トンネルを抜けるとダム)

カーナビを見ると、このトンネルができる前は、おそろしいクネクネ道。
今は冬だからか、クネクネ道は通れなくなってました。


小菅村の道の駅では、時間が早すぎてピザはやっておらず……。

このあたりは多摩川の源流があるところ。

川崎市民にとって、多摩川は心の川。

山奥の道から、小川のような多摩川が見えて嬉しかったです。

丹波山村(たばやまむら)の道の駅に行って、鹿肉のそばと丼を食べました。
そばは太さが不ぞろいで、手打ち? 美味しかったです。


大菩薩嶺のあたりを抜けます。
いやー
このあたりは本当に山ですね。

ゴブリンが出そうだよ……。

(RPGなどで町と町の間にある緑のフィールド)


恵林寺に着きました。

武田信玄の菩提寺。

思ったよりも広々して、静かで落ち着いていて、気に入りました!!


心頭滅却すれば火も自ずから涼し……。

禅宗の言葉ですが、恵林寺の和尚が、織田家に逆らって三門に閉じ込められ、大勢の僧侶たちと焼き殺されたときの言葉でもあるんですって!

何、それ。
そんな壮絶な話は知らなかった(後世の脚色と言う説もある)


本堂と庭園もいいですよ。

うぐいす張りの廊下や、信玄存命のとき本人そっくり(?)に作られた像もあります。


まあ、花は咲いてませんけどね。


あの、しだれているのは何かしらん?

桜だったら綺麗でしょうね。

続いて、昇仙峡へ。


岩の色が、油絵の具を塗りたくったみたい。

大自然の荒々しさに、びっくりしました。
ちょっと、中国みたいな風景。


川に、ものすごーく大きい石が、ごろごろ落ちているのですが、写真では伝わらない……。

しかし、このあたりは昔、水晶がたくさん採れたんでしょうね。


大きいことが書いてありますからね。


この滝の色あいも絵画みたい。

遊歩道は、白く凍っていました。(でも、思ったより観光客がいる)

そして、滝の横の階段を上がりましたら……。

えっ!?

という感じの小ぎれいな別世界になりまして、立派な水晶のお店が2,3軒ありました。


いや、びっくりした。

猫も何匹かいる。

お店の中は、ブレスレットなどが多いのですが、すごーく大きな水晶クラスターに触ってもいいのがうれしかったり、水晶玉とガラス玉があり「どっちがどっち?」という楽しいクイズもあり(外れましたが)。


アメシストドームと珪化木は、どーんどーん!と置いてありました。


ショーウィンドーには置物サイズのいろいろな鉱物もあります。売り物……なの?


「このあたりで採れた水晶はありませんか?」と聞いてみたら、少し残念そうに「もう採れないんですよ」とのお答え。

「昔、採った方が持っているものなら、本当にここで採れたものかもしれませんが……」

そうでしょうとも。
お話させていただき、ありがとうございました。

昇仙峡全体は広すぎて、途中で引き返してしまったので、紅葉の時期などに再訪したいです。
金桜神社まで行きたかった。


その2へつづく


ランキング。
にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントは管理者が確認した後に公開されます。
(このブログや投稿にそぐわないと思った場合は公開しておりません)