2016年2月29日月曜日

甲府旅その2

去年の池袋ショーで買った、『甲信高地 水晶の世界』(くろねこ出版社)を読み始めたところ、昇仙峡、というか金峰山の周辺は、確かに日本の水晶の一大産地なんですね。
看板に大きいこと書いてあるだけのことはありました(甲府旅その1 参照)

八幡山、水晶峠、乙女、黒平など。

さらに、同書をよく読んだところ、以前、アメリカの業者さんから購入した、
山梨県上黒平の古い水晶 Quartz with inclusions from Japan
これは、向山鉱床ではないかな……? と思いました。

上黒平集落は裏山と前山が水晶の産出地になっており、裏山つまり北側に広がっている黒平・松木尾根はペグマタイト鉱床で、一般的には煙水晶が見られ、これに対して、南面に広がっている向山鉱床は、草入り水晶が有名で、白っぽいまたは透明な水晶を産出するようです(同書P.44-61)。

上述の水晶は、インクルージョン以外は透明度が高く、スモーキーではないので。

向山鉱床は御巣鷹山一帯に広がり、かつては三十もの立坑があり、一つ一つ名前もついているのですが、そこまでは特定できないでしょう。


それと、私たちは丹波山村から塩山のほうに車を走らせたのですが、このあたりの道筋からちょっと入ると、竹森鉱床裂石採石場という産地もあるんですね。

そういえば、「雲峰寺」(裂石の近く)という看板を見かけて、「今日は雲がまったくないから、雲の峰の寺にはたどり着けないね~」なんて話をしていた。



iPhoneの壁紙みたいな空。

とにかく、次に、ここらへんに行ったら、

竹森の玉宮大明神社(竹森鉱床の入り口にあるらしい。P.63)
金桜神社(享保年間の作といわれる「火の玉、水の玉」の水晶のご神体があるらしい。見ることはできないかもしれないが。P.46)

この二カ所は行きたいと思いました。

「水晶を集めてる」なんて言ってるわりに、無知な私。


ちなみに宿は、
「ほったらかし温泉」に朝晩行くならここに泊まるしかない!
という、フルーツパーク不二家ホテル。



ご飯は、ネットで調べて、「奥藤」さんにほうとうと鳥モツ煮を食べにゆく。

モツは普段あまり食べないので躊躇した。
しかし、鳥だからか、くさみもなく(味つけが濃いせいもあるが)とても美味しかった!

一夜明けると、


おお、重力波(初観測)きたーー!

2ヶ月くらい前かな? 噂だけは聞いていた。
誰かが「観測成功したらしいよ」と、Twitterで漏らしたんだけど、本当かどうか分からなかったので、ワクワクしながら待っていた。


まあ、そんなに詳しくは分からないけど(笑)

天文学、物理学など、もっと進歩してくれたらと思います>人類


(そして、いつの日かハイパードライブ(スタW)を発明して、欧米まで12時間も飛行機に乗らなくていいようにしてください)




誰もいない結婚式場を散歩する。

雲海が見える。


フルーツパークにも下りてみたが、この季節、フルーツは何一つなかった。
(温室かどこかも閉まっていた)

ロウバイだけが咲いていた。

7,8月に来て、桃のパフェを食べたい!


武田信玄の神社。

にわとりさんが、「コケコッコーーー!」とずっと鳴き続けている。

「躑躅(つつじ)ヶ崎館」という名称は、『大菩薩峠』にも出てきた。
復元工事が遅れているようですが……できあがったらまた立ち寄りたいです。


榎の木が祀られている、「榎天神」がちょっと面白かった。
願いがかなうと、えんぴつを奉納するそうです。
学問のかみさまなのかな?

帰りはあきらめきれずに、また小菅村へ。

そういえば、小菅村も『大菩薩峠』の舞台だったな。
武蔵と甲州の境界なんですよね。


ピザ来たー!!


マルゲリータとビスマルク。

赤いピザ釜で焼かれた、もっちり生地。
ピザを名乗るならこれくらいのは出してもらわないと。美味しい!

野菜は、いかにもこの近所で採れた、という感じがする。
シャクシャクした玉ねぎなど。
そういう意味では、家庭的な感じ。

実際、店の入り口で村の人が「今日は何、持ってこようか? バジルいる?」って聞いていた。


このあと、奥多摩に抜け、五日市街道の通称・豪農ロード(だいぶ相続税の影響を受けているような……)を通って帰りました。


おしまい。

ランキング。
にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントは管理者が確認した後に公開されます。
(このブログや投稿にそぐわないと思った場合は公開しておりません)