2016年4月4日月曜日

昔の『007』まとめ感想

『コードネーム U.N.C.L.E.』のDVDが発売中ということで♪

ギャビーを描いてみました。過去記事はこちら↓
『コードネーム U.N.C.L.E.』感想、という名のイリヤ×ギャビー萌え語り

あと、昔の007を『美しき獲物たち』まで見たので、いくつかまとめ感想。

その1 昔の『007』は、ギャグ映画だった。


『007 スペクター』の感想を書いたとき、ユーモア要素が増えた、と書いたんですが、とんでもなかった。
昔の『007』はあんなもんじゃなかった。意図して、しっかりと滑るギャグシーンを入れてくる。そのためのキャラもいる。『死ぬのは奴らだ』に出てくるペッパー警部なんてよほど人気があったのか、続編にも出てきたので笑い転げました。イギリス人のステレオタイプというか、太っていて人種差別的でアホで(そして、はたから見ると憎めない)アメリカ白人警官ですけど。

まあ、「今見ると笑える」というシーンも多いですが。
とくに女性がらみ。

『ジョニー・イングリッシュ』という、Mr.ビーンのローワン・アトキンソンがずっこけスパイ役をやる映画があるんですが、昔の『007』は正直そんなに変わらないような……と思いながら見てました。言いすぎか?!

その2 『007』シリーズは、「世界ふしぎ発見」だった。


昔から、スパイ映画=世界の行ってみたい観光地がてんこ盛り、だったのですね。

青い南の海、アルプス山脈、南欧、エキゾチックな異国。
お祭りシーン(カーニバルなど)が、観客へのサービスに無理やり入れられるのも、普通。


『二度死ぬ』は戦後わりとすぐの日本が舞台だけど、今は撮れない景色が貴重かもしれない。
『ユア・アイズ・オンリー』のメテオラ岸壁の登攀もじっと見てしまいました。

ただし、昔は行けなかった中国やロシアは映っていません。

その3 ロシア人も英語を話す。


ソ連内の会議、ロシア人はみんな英語で会話している。
悪の組織は国籍もまちまちだけど、下っ端の作業員まで英語を話す。
日本人も英語ペラペラ! すごいなー!

仕方がないのですが、ふとこれに気づくと、笑いがこみ上げてきたりします。

途中からは、「世界には英語以外の言語もある」とイギリス人も気づいたらしく、外国語が聞こえるようになります。

その4 『二度死ぬ』は日本ツッコミが楽しい。


ツッコミ入りまくります。
忍者は当然そうだけど、「神戸と上海の間にある島」っていくつあるんだよ! とか。
海女さんとの偽装結婚は、ただあのオリエンタルな日本風の結婚式のシーンを入れたかっただけでしょ! とか(もちろんいいけど)

ちなみに、『コードネームU.N.C.L.E.』を思わせる(?)無名の登場人物たちもいます。

冒頭、アメリカとソ連がにらみ合っている席で、イギリス代表が「われらが友人ソビエトは……」と柔和な物言いで仲裁していますが、あれはウェーバリーっぽい。
そして、ブロフェルドの護衛で金髪で無口な男は、イリヤっぽい。

「敵役に怪力の男がいて、バイクなどを持ち上げて投げつけてくる」というのはパターンだったようです。
あと、昔だったらダニエル・クレイグはやっぱり敵側として出てくるタイプだな、と。

その5 Qのおじいさん。


Qの登場がかなり長く、最後のほうは歳をとってしまい、秘密兵器を手にとるとき指が震えていたりするので、ドキドキする。
でも、だんだん愛着がわいてきた。
マネーペニーと一緒に、毎回、観光地に出向くお仕事、いいなー。

その6 女性の描かれ方に時代を感じる。


最初のころは、女性で本当に骨のある、悪い人間は出てきません。
ソ連の女性スパイですら、ただのボンドガール。
『ローグネイション』『コードネームU.N.C.L.E.』のようなダイハードな女がまったく出てこない。

見ていてわりと驚きでした。時代が移り変わったのですね。

ちなみに、ここまでで一番好きなボンドガールは『ユア・アイズ・オンリー』のキャロル・ブーケです。黒髪ラブ!

他に気に入っている作品は、ショーン・コネリーがまだ若くてクールな感じがあり、かつ、ストーリーが今見てもそれほど荒唐無稽ではない『ロシアより愛をこめて』と、ギャグとお約束がたっぷり入って景色も美しい『ユア・アイズ・オンリー』でしょうか。



さて、『コードネーム U.N.C.L.E.』のDVDを見直さなくてはー。


0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントは管理者が確認した後に公開されます。
(このブログや投稿にそぐわないと思った場合は公開しておりません)