2016年4月16日土曜日

アルプスの煙水晶+ピンクフローライト


Quartz var.Smoky with Fluorite Rose
Aiguille du Tacul, Chamonix, Rhone-Alpes, France, 2014/08
37mm*27mm

水晶と蛍石の両方にピントが合わず、撮り直して深度合成したいのですが、時間がないので、とりあえずこのまま……。

写真のほうが、フローライトが濃く映ってしまいました。
実際は、もっと淡い色です。桜色。



水晶は3~4センチ弱。
フローライトは5mmくらい。

小さいものですが、この典型的な標本、一つは欲しかったのでうれしいです。シャモニー!


水晶の結晶がきれいだったのが決め手でした。
色は灰色がかったスモーキーですが、エッジがシャープで美しい。

そのぶんフローライトは気にしてなかったのですが、アップで撮ると……独特の透明感があっていいですね、蛍石は……!




この取り合わせに惹かれるコレクターが多いのも分かるなーと感じました。
ピンク色はやっぱり素敵です。

これはこれで気に入っているけど、いつか、標本をグレードアップしたい!


* * *

熊本には親戚がいるのですが、震源地から少し離れていたので震度5くらいまで下がり、食器が少し割れたくらいで断水も停電もなく、今のところは大丈夫だと。

とはいえ、余震(実は本震)で被害が拡大し、心配です。


今回の揺れは最大1580ガルで、阪神淡路の二倍だったそうです(読売新聞ガル×カインの図)。
東日本大震災は最大2900ガルくらい。
中部電力のページによると、浜岡原発の耐震強度は1000ガル。これは独自目標で、他よりずいぶん高いですが(普通は三桁)

地震の揺れと建物のダメージについては、他にも複数の要素があるでしょうし、ひとつの数字だけでは測れないですけど……。

日本列島、どこに地震が来てもおかしくないのかなぁ、とあらためて思います。


まだ余震が続いているようですが、被害が最小限にくいとめられますように。

裏面。

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントは管理者が確認した後に公開されます。
(このブログや投稿にそぐわないと思った場合は公開しておりません)