2016年7月19日火曜日

三輪山登拝記(大神神社、狭井神社)

箸墓古墳の先に三輪山を望む

三連休に奈良に行ってきました。
最大の目的は、三輪山の登拝(^0^)/

三輪山は、古代から神が宿ると崇められた山です。
登山ではなく、敬虔な気持ちで登らせていただくという意味で、「登拝」という言葉を使います。
麓の大神(おおみわ)神社には本殿がなく、三ツ鳥居から山それ自体を遥拝するという、日本のもっとも古い信仰のかたちを残す神社となっています。

おそらく、日本でもトップクラスの強力なパワースポット。念願だったのでうれしい(^-^)

7月17日、天気予報で雨なのは分かっていましたが、雨雲レーダーとにらめっこすると午前中に止むようだったので、ともかく現地に行ってみることに。だめだった場合は、大神神社と狭井神社だけでも参拝できればいいかな、と。

JR奈良駅から桜井線に乗って、朝9時ごろJR三輪駅で降りると、本降りの雨!!
(ちなみに、この路線は単線で30分に1本しかありません)

10分くらい歩いて、大神神社の二の鳥居に出ました。


ご覧の通りで、雨の中で撮ったので、今回の写真はあまり綺麗ではないです。
それに雨が激しかったり、下山後に疲れていたりして見逃しているスポット多数(-_-;


こんなお天気ですが、それでも、二の鳥居をくぐると空気が変わります。
すがすがしい感じ。


参道のいちばん手前にある、「祓戸神社」
心身を清めてくれる神様の前でまずお参りをします。


そして、どんどん激しくなる雨……!


すぐ隣に、「夫婦岩(めおといわ)」があります。
苔むした自然の岩がふたつ、寄り添って並んでいる。


夫婦岩の先の手水舎で両手を清め、階段を上がると、



りっぱな拝殿が目に飛び込んできます。
徳川家綱公の再建(1664年)。本殿はありません。
拝殿の奥にある「三ツ鳥居」から、ご神体の三輪山を拝む原初の神道のかたちをとります。

「三ツ鳥居」の拝観は、左手の参集殿で申し込みできます。……それは知っていたのですが、山を降りてからと思っていたら、そのときは疲れ切っていて、そのまま通り過ぎてしまいました(^^;

それにしても、上の写真、相当な雨であること分かりますか!?

いやぁ、歓迎されてないのかなぁ(笑)
なーんて、思いましたが、山中に入ったときの感じはよかったです(後述)
結果的にはいい登拝ができましたよ。


境内右手に、立派な杉の木があります。
「巳の神杉(みのかみすぎ)」

御祭神、大物主大神(おおものぬしのおおかみ)の化身である白い蛇が棲むご神木だそうです。
卵とお神酒がたくさんお供えされていました。


根元に本物の蛇が出ることもあるそうです!


このあたりで、雨の降り方がとくに激しく(笑)。

右手に行くと「神宝神社(かんだからじんじゃ)」、「天皇社」があるのですが、あきらめて狭井神社に向かうことにしました。三輪山への登拝口は、小道で繋がった摂社の狭井神社にあります。


「くすり道」という薬草、薬木が植えられた小道を抜けていきます。

狭井神社は病気平癒の神様で、薬業関係者の信仰が篤いそうです。
「さい」とは小百合のことだとか。4月18日の鎮花(ちんか、はなしずめ)祭の優美な写真を見たことがあります。一度行ってみたいですね。


小道の途中に、小さなお社があります。「磐座(いわくら)神社」
個人的に大好きな、少彦名神(すくなひこなのかみ)をまつるお社です。


柵の中をのぞくと、小さな岩があります。
これも磐座(の一部?)なんですね。
しっかりお参りしました。


すぐ、狭井神社に着きました。


左奥に池が見えます。手前に「市杵島姫(いちきしまひめ)神社」があります。

手水舍を使ったら、狭井神社にお参りです。
こじんまりしていますが、緑に囲まれ、厳かな雰囲気のお社でした。


裏手の「薬井戸」で、湧き水を汲んだり飲んだりすることができます。
思ったより、現代的な施設(蛇口)で驚きました~。


雨はだいぶ小降りになっていて、ほとんど止みそうな感じです。
「ここまで来たからには登ろう」ということで、登拝の申し込みをします。

紙に住所、名前、緊急連絡先を書き、鈴のついた白いたすきを受け取ります。
これは登拝中ずっと首からかけていなくてはいけません。
初めてと告げると、細かい注意事項を受けます。

まず、山の中では飲食禁止。ただし、熱中症予防のため水だけはとることができます。
カメラや携帯電話による撮影は禁止。
たばこ、焚き火など火の気は厳禁。
ゴミを放置しないのは当然ですが、山中の草木、土、石なども一切持ち帰ることはできません。
もちろんトイレもない。
供物(たまごなど)は放置すると動物が来ることがあるので、お供えした後、必ず持ち帰ってください、とのこと。

登り始める前に、用意されている白い幣を取って、自分をお祓いするように言われました。
この先は、写真撮影禁止なので、文章だけで描写します。


三輪山の登拝口。

最初の急坂を過ぎると、しばらくは、なだらかな尾根道。
大神神社の二の鳥居をくぐったときも、「あ、聖域に入ったな」と、空気が変わるように感じましたが、山中に入ると、またいっそう俗世界を離れた感じが強くなりました。
この尾根道を歩いているときは、気分もよく、上機嫌でした(^^)

雨はほとんど止んで、傘はささず、雨よけとして帽子だけかぶっていました。
木々が茂っているので、晴天でもあまり日は射さないと思います。
見晴らしを楽しむような山ではないです。

丸太橋を渡ってすぐに、「三光の瀧」という場所に出ます。
温泉の打たせ湯のように、滝の水が桶に注がれていました。
水垢離をする場所のようです。
簡素ながらも個室(?)の脱衣所が完備されていました。
ここでペットボトルの水を飲んで少し休憩。

私たちが休んでいる横を、白装束で裸足の方が登っていかれました。
この後、何人も同じような方を見かけました。多くは女性でした。
それだけ深い信仰を集めている山なんだな、と思いました。

滝の水に手を浸していると、青い蝶が地面の水を飲んでいました。キレイ~
下りのときもいたので、ここで水を飲むことに決めているんですね。

再出発するとなぜか急にキツくなって、といっても、道はあまり変わっていないのですが、少し休んだことで、かえって体が「つらいつらい」と言い出したみたいで(笑)

雨が止んで、ときどき日が出るようになったのですが、そのぶん暑くなって湿度もすごく、山全体が蒸し風呂のよう。汗をかいても乾かないし、ズボンも何もかも体に貼りついて、大変でした。

標高467メートル、4キロの行程なので、登山に慣れていれば小さな丘みたいなものかもしれませんが、私は「三光の瀧」以降は、ひたすら修行という感じでした。長く休憩するとまたキツくなりそうだったので、ときどき立ち止まる以外は、「登っていれば…いつかは…頂上に着くはず…」とひたすら念じながら、体を持ち上げました。
いやいや、がんばった。
最後の3分の2くらいの地点がいちばんキツかったな(笑) 日頃の運動不足がたたりました。

すれ違う人とは、普通の登山のように「こんにちはー」と小声で挨拶をかけあっていました。
朝一番(9時から)で登られた方が下りてくるのとすれ違うことが多く、登ってくる人はまだ少なかったです。

山道の状態は、確かにぬかるんでいましたが、それほど悪くなかったです。
むしろ、きちんと整備されていると思いました。もちろん、山道として見れば、ということで、岩や木の根だらけの急坂は、それなりの靴でないと登れませんが。

長くなってきたので、その2に続きます!
三輪山登拝記その2(奥津磐座)


大神神社。

御祭神はもちろん大物主大神。

ランキング♪
にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントは管理者が確認した後に公開されます。
(このブログや投稿にそぐわないと思った場合は公開しておりません)