2018年6月15日金曜日

2018年の畑(4月)

今年は、とある生涯学習講座で、家庭菜園をやっています。


圃場*に自分の区画を借り、夏野菜、秋冬野菜の栽培方法を学ぶ講座です。
*ほじょう、と読む。畑のこと。

受講料には、収穫物が含まれています♪
有機・無農薬栽培なのも嬉しいポイント。

思い返せば2014年、水耕栽培で初めてトマトを育てました。→コチラ

病害虫もなく、思ったより収穫できたので、来年も育てようと思っていたのですが、結局、毎日の液肥づくりが面倒に感じてしまって。あと、やっぱり液肥というのは完全な「化学のチカラ」。有機肥料でやってみたいな、畑でやってみたいな、と思っていたのです。


4月7日


初回は、畝立てとマルチ貼り。

最初の圃場の様子。一畝だけ先にマルチが貼ってありました。

ちゃんとした講座に参加してよかったのは、一から詳しく教えてくれるところです。
本には「畝を立てて種をまく」と一行で書かれていることも、素人は畝というものをどう作ったらいいのか分かりません。。
(ま、何となく土を盛り上げてみるだろうけど)

ここでは、鍬の持ち方から教えてもらえて、ありがたいです。
前に進んでいく鍬、後ろに進んでいく鍬。
もっとも、一回教わっただけでは、まったく上手くできないのですが(汗)
正直シャベルのほうが扱いやすいような……

個人的には、この後、雑草とりなどに使う三角ホーが、便利で軽くて好きです。

マルチは畑でよく見る、土に敷いてあるビニール。地温上昇のため透明マルチです。

大学の講座なので、適当さがないのも勉強になります。

畝もマルチも、まっすぐに!
マルチは、土にぴったり密着!
支柱の角度までチェック!

何でもピシッと揃っていると気持ちがいいものですね~。
でも、素人がやるので、多少は曲がるんですけど。

畝は数人一組、班になって共有するので、結構すいすい終わりました。
マルチを貼るのも、

・両端を踏んでピンと貼りつつ、鍬で土をかけて端を埋めていく人(畝の両側に2人)
・その背後で、ビニールの筒をまっすぐ転がしていく人(〃)
・さらに、土かけが足りなかった部分をチェックして、埋めていく人(〃)

という具合の人海戦術
疲れることは疲れますが、農作業において人手が多いのはとにかく楽です。
いつか、一人でやることになったら、こんなにきれいにできるかな(無理

一日目の作業が終わったところ。おつかれさまでした。

4月21日


この日は、支柱を設置して、トウモロコシと枝豆の種をまきました。

右がトマト用、左の逆三角形がピーマン・ナス用です。

支柱立ても、どんどん進みます。

・支柱を立てる人(畝の両側に2人)
・立てる人に、支柱を補給する人(〃)
・角度や高さが不揃いでないか、畝の中央からチェックしている人(1~2人)

もっとも、ちゃっちゃっとやらないと、午前中の時間だけでは終わりませんが……。

次に、種をまきました。

資材の商品名は、パオパオとか黒丸君とか、かわいい名前がついている。

忙しくて、作業中の写真は撮れませんでした……。

トウモロコシの種が真っ赤で、驚きました。
薬をまぶしてあるので、誤って食べることのないよう、人工的に着色されているそうです。

枝豆のさやは大体三粒ずつ入っていて、自然界で種が落ちたときと同じような状況を作ってあげるため、一つの場所に三粒ずつまきます。三粒の距離についても教わりました。

意外と知らなかったのが、種をまいた後、ぎゅっと土を押さえて「鎮圧」しなければならない、ということ。種と土をしっかり接触させるのが大事。種は土から水分を取って芽を出すので、ふわっと土をかけただけはダメだそうです。だからといって、深く埋めすぎてもいけないのですが。
いろいろ間違っていても、植物の生命力で芽が出ることも多いのでしょうが、そういうことらしいです。

何にでも、理由があるんだなぁ。

その後、先生いわく「今も絶対、どこかで鳥が見ている」らしく、種がほじって食べられてしまうので、白い不織布でおおいをしました。



この後、ゴールデンウィークの旅行から帰ってみると、ベランダの鉢で何かがびょーんと芽を出していて、びっくり。

すごい生命力。

すっかり忘れていたけど、去年の秋、散歩のとき、むかごを三粒拾って、ここに埋めてみたんですよね。それ以来、水やりもしていなかったのに。

その後、支柱を立ててやり、現在(6/15)は1mくらい育ってます。

続きます。→2018年の畑(5月)

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントは管理者が確認した後に公開されます。
(このブログや投稿にそぐわないと思った場合は公開しておりません)