2014年10月18日土曜日

コロラドの自然銅、いろいろ雑記

旦那のダンボールの底から出てきました。


二十年以上前、コロラドに行ったときのお土産らしい。
「コロラドの、銅で有名なところ」と言っているので、検索すると真っ先に出てくる、Copper Mountainでしょうか? でも、ここはただのスキーリゾート地?

追記) 古いポストカードが出てきて、ここだ、ここだと旦那が言っています。ユタ州じゃん。orz


そんなに前だというのに、綺麗な色で、ちょっと驚き。
よく見ると、ところどころさびが始まっているようだけど。



同じ銅からできた、1セントコインがついてます。
小さなガラス瓶はコインのために作られたもの(この小さい口からは入らないもんね!)

値段は2ドル50セントと書いてありますが、安いのか、高いのか?


さてさて。最近、流れるように時間が過ぎていきます(笑)

アダンソンのクモちゃんは、記事を書いた数日後から、姿を見せなくなりました……。部屋のどこかで死んでるの? と、おそれましたが、まだ秋なので開けた窓から出て行ったんだろうと思います。外のほうが虫もいるしね。うん。

ホッとしたと同時に、ちょっとさびしいような気も……。


西麻布、ラーメン五行の焦がし醤油。
ここは、いつまでも火傷するくらいアツアツのスープと麺が特徴。

私と旦那は、昔、六本木のそれぞれの職場から食べに行ってました(お店で会ったことはないですが)。旦那はチャーシューご飯がおかわり自由だったのが気に入っていたそうで。
ヒルズやミッドタウンからはちょっと遠いんですけどね。米軍の敷地のすぐ脇。

二人で再訪してみて、懐かしかったです。
以前座ったことのある席で、何だか時間の流れって、不思議だなと……。


だいぶ時間が経ってしまったのですが、10月頭に『はーべすと』の打ち上げもありました。

個人的には、こんなに面白い、ためになる打ち上げは初めてでした。
今更ですが、みんなありがとう!

写真は高崎のお土産としていただいたかりんとう。添加物は炭酸だけ。甘さが全くくどくない! ちょっと固めなんですが、開けたらあっという間に一袋なくなりました。

それぞれの作品の批評で、私の場合、一番はっとしたのは、「背広のサラリーマンに混じって」の一文。子どもが「背広」という単語を知っているかというのもあるけど、そういうレベルじゃなくて。

今は働いている「女性」も大勢もいれば、IT業界ほか「服装が自由」な人も大勢いるというのに、「背広のサラリーマン」!?……四十年前じゃないですか。無自覚に紋切型を書いてしまうものですね。orz

このとき出てきた、「耳すま(耳をすませば)」などの話も面白かったです。^^ 「輝きすぎじゃないですか?」「耳すまなんて見たくない」「リア充を崇拝したいやつ」など、名言ぞろいでした。

ちなみに、次も作ることになりました。3月くらいに出る予定。


前回の記事のとき、急いでいて雑記を書けなかったので、だらだらと。

ランキング♪
にほんブログ村 コレクションブログ 鉱物・岩石・化石へ