2014年10月4日土曜日

2014年秋 新宿IMAGE

新宿のIMAGE2014、初日に行ってきました!

今週は暑かったり寒かったりでめずらしく風邪をひいたんですが、パブロンゴールドを飲み続けて(いつもは葛根湯)、ほぼ完治。天気も快晴だし、気持ちよく新宿に着けました。たぶん、開場の少し前くらい。

のんびり中に入って、何となくホリミネラロジーさん、McNeilさんのあたりを目指して歩いて行くと、予想通りすでに人だかり……。まだ人垣に入れたホリさんのところで見ていると、いつもの石仲間Sさんたちを見かけてご挨拶、しばし一緒に回遊。


その途中で見つけた、Paul Botha Mineralさんの小さいマダガスカル産のアメシストを後で買いました。今回の戦利品はこれ一個です。
ちなみにコーヒーも野村ビルのPaul Bassettで(笑)

すごく久しぶりの石仲間(元同僚で、隣の席で仕事をしていた!)はるさんと合流したり、「見せたい石が……」と呼ばれてまた見に行ったり、はるさんのご友人の婚約指輪をととのえる方に、二階のDiamaさん(ダイアモンドと18Kジュエリーならここ!)を紹介していると、はや12時。

ランチの時間です。


グリンピースソースが甘かった、けど、自然の甘みだと思われる~。

また会場に戻ったけど、はるさんと話をしている時間が長かったし、そもそも鉱物標本の店は少ないし、今回、そんなにじっくり見たという感じではないかも……。

気になった石は、最初にホリさんでマダガスカル産のごつごつした立派な水晶を見たせいか、他のところでもマダガスカル産のアメシストが目についてしまいました。
ちなみに、その気になった標本は、かなりのお値段でもちろん断念。
昔、カクタスクォーツを買ったところでは、小さいマダガスカル産のセプターが沢山ありました。
よくある先端が紫色のもの(双晶も?)が、最初目についたんですが、おじさんが「シャンパンカラー」と呼んでいた、妙なピンク色のアメシスト(?)が気に入ったので、お買い上げ。

すごく小さいんですが、片方の結晶は虫歯のように陥入していて、もう一方は普通に尖って結晶してます。

Paulおじさんに「ベストピース!」と満面の笑みで言われて嬉しい、やっぱりそう言ってもらえると嬉しいんです。

後は、ホリさんのところのスギライトの結晶とか(グウィンデルもいくつもありましたね)、アイアンローズ(USKさんのスイス産、別のところでロシア産)、ルーマニア産のカルサイトで背面が覆われたキャンドルクォーツは、入り口付近に置物サイズで素晴らしいものがありましたが、あれがキャビネットサイズだったら……。ずっと探しているのですが、小さくてばっちりなクオリティのものがなかなか見つからないのです。

それと、Sさんに教えていただいた、ASUWAさんの新着ヒマラヤ産水晶、エンジェルヘアーというか、細ーいすすきというか、内包物が味のあるたたずまい。
午後、ようやく見ることができたMcNeilさんもベラクルス産などきれいなものがありました。
あうんさんもスイス産が、まあこの円安なのに、ずいぶん良心的に……。

蛍石は、途中まで参加していることに気づかなかったthe 1 mineralさん(名簿の名前が違うんだもの)、McNeilさんの八面体など相変わらずの美しさでした。
個人的には、立方体で外側カラーレス、中に色が入っているものが一個欲しいんですが、毎回気後れするというか、自分の心と折り合いがつかないもので。

しかし、今回は戦利品一個で満足。
参加する前は、戦利品ゼロでもいいかな、と思っていたくらいです。

ベラクルス、ブランドバーグ、ゲレロ、アルパインクォーツは、今後「これぞ」というものしか手を出しません。基準で言うと、これとかこれくらいのクオリティ。
(とか、言って、池袋ですぐ破っちゃいそうな気がしますが、一応そうした心構え)
軍資金をためる間はとにかくがまんがまん!

私はヒマラヤ産は、実はそれほど(アルプス産ほどは)惹かれないのですが、Sさんお取り置きの母岩付はサイズといい素晴らしいクオリティといい、ベストピース!でした。眼福!


今朝、あらためて眺めても、不思議なピンク色で、気に入っています。

石のサイズがよく分からない、というお言葉をいただき、これから目印になるものと一緒に撮ることにしました^^

ランキング♪
にほんブログ村 コレクションブログ 鉱物・岩石・化石へ