2015年2月15日日曜日

STILL LIFE(邦題「おみおくりの作法」)を観ました


思わず「え?」ってなるジョン・メイの晩ごはん

銀座の映画館で『天才スピヴェット』(こちらも可愛かったです)を観たとき、この予告編が流れていて、良さそうな映画だなと思っていたので、行ってきました。
レディースデイだったせいか、初回の時間ぎりぎりに行ったら席がなく立ち見(!)。二回目も満席。“孤独死”がテーマだけあって、観客の年齢層は高めでした。

地味な、映画です。



ロンドン南部ケニントン地区の公務員、ジョン・メイは独りで死んだ人の葬儀をとり行うのが仕事。几帳面な彼は、残された家族がいないかどうか熱心に探す。誰もいない場合でも、故人の宗教、生前の趣味などを調べて、ふさわしい葬儀のBGMをえらび、弔辞を書き、たった一人で参列して、故人の魂が安らかに眠りにつけるように見送ることにしている。

ある日、アパートの向かいに住んでいた老人が、死後数週間経って発見された。しかも、地区の合併にともなう合理化で、ジョン・メイは解雇を宣告されてしまう。最後の案件になった老人、ビリー・スタークの人生を、ジョン・メイはこれまで以上に熱心にたどり始めるが……。


主演のエディ・マーサンは、どこから見ても冴えない中年男。
(『シャーロック・ホームズ』のレストレード警部役で出ていました。ダウニー・Jrのホームズに“愚鈍”呼ばわりされながらもどこか憎めない役柄を演じていた!^^)

派手な涙や抱擁、恋愛、なーんにもありません。
抑制の効いたイギリス映画。(イギリス・イタリア合作らしいですが)


職場とアパートを往復する規則正しい毎日、きちんと片づいた部屋、毎晩同じ味気ない夕食。
カリカリに焼いた薄いトーストが、イギリスっぽいです。


こういうタイプの男の人、いると思います。旦那さんも、若い頃、どちらかというとそうだったので。毎日同じものを食べてよく飽きないなと思うんですが、食事は基本的に栄養補給としか思っていないんですよね。


原題は「STILL LIFE」で、そのままでも良かったんじゃないか、という気も。
が、これは観た後だから言えるので、「スティル・ライフ」という小説はすでにあるし、“孤立死”という日本でも関心の高いテーマを表すには、「静かな人生」はややおとなしすぎる、かもしれない。
でも、死者の「おみおくり」だけが描かれている作品でないことは、確かです。


一言でいえば、生きているうちに人と関わることの大切さ、みたいなことをひかえめに表現している映画だと思うんですよね。先走りましたが。



(このあたりから映画の詳細に触れるので、先入観なく観たい方は、引き返してくださいね)






ジョン・メイは自分が葬った人の写真を、一人一枚だけ自宅に持ち帰って、青いアルバムに丁寧に貼っています。
で、このアルバムの写真が次々と映し出されるシーンに、言い様もなくじーんとくる。(私だけか)

この男だったり女だったり、さまざまな顔つきをした人間に、それぞれまったく別の人生がある、ということを思う。
かれらにも、当たり前だけど、若かった頃があって、家族や友だちがいた頃があって、輝くような笑顔で写真に映っていたりして、……そして、最後は独りきりで死んで行ったわけだけど、でもその最後だけで、かれらの人生のすべてが台なしになるわけでは、ない。


人の一生、死、地域社会とは何なのか、など、考えさせられました。


結局、人生に優劣はないと思うんです。
「1から10までの目盛」みたいな、直線的なスケールでは、人生は測れない。それが、ユニークな、「自分自身を生きる」ということだと思う。


それでも、一般的には、「効率化」を口にして、アウディに乗ってる上司のほうが、お金もあって、家族や友だちも多くて、「良い人生」と言われるんだろうな、と。

と、Twitterに書き、旦那さんにも、
「世間一般の評価では、ジョン・メイは変わり者だよね……」
と、映画のあらすじを説明したら、「そんなことはない」と言われてしまった。
「人に顧みられることのない地味な仕事を、コツコツとやっている人は、どんな分野にもいるものだ」って。し、失礼しました。そうかもしれない。いや、きっとそうなんでしょう。ジョン・メイだって、実在する人物の仕事に着想を得て作られたわけだし。


※別にアウディは悪くないですよー。良さそうな車ですよね。乗ったことないけど。


一方、この映画は、ジョン・メイの冒頭のような生き方がいい、とも言っていないんです。
それは、物語の後半、無表情だった彼が、少しずつ笑顔を見せることからも、明らか。

ジョン・メイの静かな生き方が、上司や後任者より劣っていて、変わり者だということではない、な・い・ん・だ・け・ど、より「自分自身を生きる」ためには、やはり、人と関わっていかなければならない。


過去をたどるとビリー・スタークは、ジョン・メイとはずいぶん違う、破天荒な生き方をした男だったことが分かってくる。イギリスをあちこち旅して、昔、ビリーと関係した人たちと話をするうち、ジョン・メイは少しずつ変わっていく。

これまでは判で押したような毎日を送っていた。死んだ人の部屋を調べ、一人で葬儀に参列し、地下のオフィスで遺族からの電話を待っていた。身寄りはなく(ケリーが「わたし、孤児になったのね」と言ったとき、「つらいものです」となぐさめていましたね)、結婚もせず、頻繁に訪ねあう友だちもいない。でも、他の生き方を知らなかったから、それで満足していた。
笑顔はなかったけど。




食べ物の描写が印象的です。
毎晩同じ、魚の缶詰とトーストの夕食。りんごの昼食。
ところが、解雇が決まり、オフィスから大胆に旅に出て、人々を訪ね歩くうちに、ジョン・メイは、いつものレパートリーにはない食べ物、飲み物を口にするようになる。

とにかく、新しい誰かと出会うたびに、新しい飲食物が出てくるといってもいい。
時間をかけて、丁寧に描写されている。

パイをもらい、生の魚をもらい、断りきれずにブラックティーの代わりにココアを飲み、ウィスキーを瓶に口をつけて飲み、そして、ハーゲンダッツ!(劇場内で一番笑いが起きた瞬間)。いつもと同じ、魚缶の夕食を用意してくれた人もいましたけど。

これらの食べ物は、物語前半にはない、ジョン・メイにとって新しい経験を象徴していると同時に、人と関わることはそれ自体が「滋養」なんだ、という意味を持っていると思う。

ジョン・メイは、ついにビリー・スタークに自分の墓地を譲ることにしますよね。
それは、自己犠牲的といえば確かにそうだけど、彼はこんなふうに考えたんじゃないかと思う。

物語の冒頭、ジョン・メイが唯一かすかに微笑むシーン。
それは、自分のために用意した、街を見下ろす丘の一等地に買った墓地で、寝転んでいる時間。


ジョン・メイは、彼なりの死生観を持っていたと思う。


亡くなった人は品位のある方法で見送られるべきだし、お墓も必要だと思っていた。
だから、自分のために、素敵な墓地を予約しておいた。
生きている間は、社会の役に立つようにコツコツ働いて、死んだ後は、自分の選んだ場所で安らかな眠りにつこうと思っていた。誰にも迷惑をかけないように準備をして、自分が埋葬された後のことを想像すると、幸せだった。


でも、最後の案件のために、いろいろな人に会って話を聞いているうちに、
「生きているうちに、人と関わることの大切さ」
に、ジョン・メイ自身、気づいたんだと思う。

だから、それを気づかせてくれたビリー・スタークに、自分の墓地を譲ることにした。
自分はまだ生きているんだから、って。

生きているのに人と交流せず、いろんな食べ物も味わわず、自分の墓地に寝転がって微笑んでいるなんて、つまらない、もっと言えば、滑稽なことだ、と思ったんじゃないかと。



(この先、軽ーくですが、映画のラストに触れますので、ご注意ください)













それで、あのラストですよ。


エーーーー!!?


せっかく、はじめての女友だち(まずはお友だちからですね♡)が出来そうだったのに。

映画としてはいいと思うんです。予想外の結末という意味で。でもーーー!!


もう一度観たら、また最後のシーンで泣く予感がします。

誰にも顧みられなくても、報われないということではない。言えるのはそれだけです。


予告編を見て、いいなと思った方は、どうぞ。
期待を裏切らない、しぶーい映画です。

あと、食べ物の描写に注目してみて下さいね。
小麦粉をつけて、ビール入りの衣であげたフィッシュ・アンド・チップス、食べたくなりましたよ!


お し ま い。

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントは管理者が確認した後に公開されます。
(このブログや投稿にそぐわないと思った場合は公開しておりません)