2015年4月20日月曜日

「わーくしょっぷ4」打ち上げの話

先週末は、『わーくしょっぷ4』の打ち上げ。
昼間からクラフトビールを飲んで、例によって数時間ぶっ通しでしゃべって、楽しかった!

お店はお酒担当、山田さんのチョイス! ありがとうございました!

というわけで、頂いた自作への批評をメモしておきます。あくまで自分用です。

さっそく。
一番、「だよねー」と思ったのは、「主人公が女子高生なのに、精神年齢アラサーみたい」というご指摘でした。(年齢からいくとアラフォーなんだけど)

「アラサーみたい」は、別の言い方をすると、「一人称という書き方に書き手がはまっていない」ということかと思います。

今回、わーくしょっぷシリーズで初めて「一人称」にしたのですが、まず、なぜ「私」や「わたし」ではなく「あたし」にしたのかと聞かれました。わりと真面目な女の子なので、「あたし」が合っていない気がすると。あと、文章中に「あたしの」などが多すぎると(確かに!)

ただし、上記は本質的な問題ではなく。

一人称というのは、その人物だけのものの見方、世界を見ているときの固有の「ゆがみ」があるものなのに、そういう「ゆがみ」があまりない気がする、「視野が広い」。これ、指摘されて確かにそうだなーと思いました。

それこそ、「童のときは……」の「童」。
自分を振り返ってみても、高校生の頃は、今よりずっと視野が狭かった。
色んなことをくよくよ気にしていたし、自己中心的だったし(今もそうだろうけど、もっと)。

一人称では、本当は、そういう高校生になりきって書かなきゃいけないんだと思うけど、それがやはり難しい。

というより、私は昔の自分に戻りたいなんて思ったことがないんだった。学生時代にもそれほどの郷愁はないし。もし今の意識を持って戻れたらやりたいことはあるけど、そうでなければ戻りたくないなー。

基本的には今の自分が一番いいと思ってる、視野だって前より広がったし、色々なことが分かってきて生きるのが楽。十年前はもっと不安や焦りがあった。自分のことも今よりも好きじゃなかった。齢をとるっていいものだと思う。

と、身もフタもないことを書いてしまったけど、そこらへんをまげて、高校生なら高校生になりきらなければならないんだから、一人称は(三人称でも、物語は全部そうだけど)難しいものだと。

登場人物にもっとコミットメントしなきゃいけないんですね(言うはやすし!)

今回、全員分を小冊子印刷してみましたー♪
「ここの表現がどうだった」と言い合うとき、
紙があると検索性がいいかもと思いまして(完全な自己満足ですが)
あと、笹原さんが一人ずつ書評を書いて印刷してきてくれました!感謝

それから、「気分が悪くなる」「頭が爆発しそう」などは、こうして書かないで、わーっと描写して、読者に「実際に」気分が悪くなるように感じてもらう、というのが正しい方法で、「そう思っていない読者はこういう文章を読むとしらける」という、もっともな指摘もありました。
また、全体に視覚情報の描写が多いのでは、とも。(五感の情報が少ない)

こういうこと、全~部、小説講座でも言われていたのに、進歩がないですよね……。

それから、公園で泣く理由がよく分からなかったという意見もありました。これは私の中ではリアリティ(?)があるんですけど、上手く伝えられなかったなーと思いました。
友だちがいて、気になる男子もいて、運動部に所属していて、両親もいて家もあって、まあ、リア充ですよね。でも、それでも、「孤独」というのはあると思うんですが、なかなか表現できませんでした。でも、学校が好きな普通の子が主人公でよかった、という意見もあって、嬉しかったです。

いつもこの打ち上げのおしゃべりが楽しみで、続けているようなものです。

表紙についての記事を、結局、書かなかったのですが、ま、書くほどでもないか、ということで、最後にちょっとだけつけ加えます。

実は、12月の段階では、この記事で上げた桜と丘のラフが浮かんでいたんですが、1月に入って書き始めたとき、自分の短編の1シーンだったことが分かり、ボツ。急遽また女の子の上半身を描きました。

仲間内でも、「これは誰かに手を振っているのか、それともガラスに触れているだけか?」と聞かれ、いやーすいません……どちらでもよいですっ!

ちなみに、筆塗りで一度提出した後、アニメ塗り(?)に変更したので、晴海さん、お手数おかけしました。


次回のテーマとタイトルも決めたので(前日、頭に降ってきた!)、楽しみです。

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントは管理者が確認した後に公開されます。
(このブログや投稿にそぐわないと思った場合は公開しておりません)