2015年8月12日水曜日

巻き貝カルセドニー、那須


カメラが補正してしまうのか、ベタッとした山吹色に映ってしまって……。
本当は、もっと白茶けた感じなのですが。

Chalcedony replacing Schnecke(カタツムリ化石)
Ad-Dakhla, Oued ed,
Dahob Lagouira,
Western Sahara

サハラ砂漠の貝型カルセドニー。

(記事タイトルは分かりやすく「巻き貝」にしましたが、ラベルはカタツムリ(Schnecke)となってます)



欠けもなく、綺麗な標本です。
こんな形の巨大な町を想像します。ファンタジーで。

繊細な「巻き」が上に伸びていく様子は、こっちのiPhone写真のほうがよく分かるかも。


実物はもう少し黄色いけど。

* * *

8月11日は来年から「山の日」で、祝日になるらしい!

暑い時期なのでいいですな、お盆休みにもつなげられるし。



7月に行った那須岳。

ゴロゴロした岩場だけど、ロープウェーから1時間も要らずに(40分くらい?)たどり着けるので、小学生もたくさん登っていました。

那須は涼しかったかというと、朝晩は気温が下がり、ひぐらしも大合唱していたけど、昼間は相当、暑かった~~~。
あと、このときは、どなたかが御用邸を使っていらしたので、町じゅう白バイと警官だらけでした。


この写真、ディズ●ーに怒られますかね……。(あとで消そう)

連休だったので残り少ない空いている宿をとったのですが、


露天風呂からの眺めが那須の森(原生林?)で、すごく気持ちがよかった。


夜はこの森の上を霧が這っていて、それをじーっと見ていたら、不思議な感覚になりました。

何か、自分のほうが自然(地球)にじっと見られているような。
昔のシャーマンと呼ばれる人たちは、気象や自然をこんな感じで力強く感じていたのかな、と思いました。


ランキング♪
にほんブログ村 コレクションブログ 鉱物・岩石・化石へ

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントは管理者が確認した後に公開されます。
(このブログや投稿にそぐわないと思った場合は公開しておりません)