2018年7月29日日曜日

やりがいの場所

台風12号、東京はあっという間に抜けましたね。
被災地に降る雨が強くならないといいのですが。
東から西に向かう台風って変な感じ。


ところで。
会社をやめて何年も経つんですが、まだ前の職場の夢を見ることがあります。

今日はちょっとその話。

*

夢日記によると、最近見たのは去年の12月30日かな。
一~二年に一度見る気がします。

前の会社には五年くらいいたんだけど、夢に出てくるのは不思議なことに、「最初に配属になったチーム」だけ。
それと、昔のオフィスがそのまま出てくるとか、
昔の一場面とか、そういうのはまったくありません。

いつも、すごくへんな場所、どこかの教室だったり、未来的な、白っぽいコワーキングスペースみたいなところが夢の舞台です。
(今回はそのイメージでイラストを描いてみました)

クリックで拡大します

話の筋もとりとめがなくて、ただ、メンバーの誰かが出てくるので、「ああ、あのチームにいたときか」と分かります。

会話も覚えていることは少ないんだけど、2017年12月30日に見た夢は、ある女性に、最近どう? というようなことを聞かれて、自分は、
「いやー、漂流するばかりだよ」
と、答えてました。
表層的な意識ではそんなこと思っていなかったので、目が覚めてから、「そうか、私は漂流しているのかw」と思いました(分からないでもないが)

その後、Twitterである方のつぶやきを読んで、思ったのですが……。

たぶんですが、これまでの職歴で、ちょっと大げさに言うと、一番「やりがい」を感じていたのが、あの最初のチームの頃だったのかもしれないと。
「やりがい」という言葉が適切かどうかは分からないけど。

当時はけっこう大変、と感じていました。
自分の能力を超えるソースコードだったし、会社に入ってすぐの配属で「役に立つようにがんばらないと」と焦っているところもあった。
同期の中途入社の人たちと、「新卒の子たち、めちゃくちゃ優秀ですよねー!」「(ソースコード)見たとき絶望しました……」とか、ランチで話し合っていたのがなつかしいw

その後、チームは何度も変わって、他のサービスも担当して、どこも楽しかったけれど、それは夢に出てくることはないです。

それは、会社にも慣れて、「自分の能力でこなせること」しか、やっていなかったからかな……という気もします。新しいことにもチャレンジしようとしたはずだけど、私の無意識には、そう認識されていなかったのかもしれません。
自分というのは、欺けないものです。

去年の12月30日の夢を考えていて、気づいたのは、
「やりがいというのは、自分の能力を精一杯使っている状況」
かもしれないなー、と。

もちろん「やりがい搾取」は御免こうむりたいけど。
ただ、「その中にいるときは、大変と感じるくらいのとき」が、実は「やりがいの場所」にいる、ということなのかもしれない。

私はいま、かなり理想的な*人生を送っているけど、どこかでもっと「やりがいの場所」を求めているのかもしれない、と思いました。

(*正確にいうと、二十代前半のころに夢見た状況が、思ったのとは違う形で、しっかり実現されたって感じです)

ときどき、高い地位について何の不足もない報酬を得ている人が、その場所を飛び出して、まったく新しい会社や事業に入っていくことがありますよね。それもやっぱり、「やりがいの場所」を求めているからかなぁ、と。
「やりがいの場所」は、ある人にとっては、心から切望するものなのでしょう。「生きているという感覚」が、そこにあるんじゃないな。









……というようなことを、2018年のお正月くらいに考えてました。
そして、まあ、今年の目標は「次の「やりがいの場所」を見つけること」だな、と思っていたんです。

(念のためだけど、実際に会社や前のチームに戻りたいわけではありません。もちろん、戻れるわけもないし。
夢に出てくるのは「象徴」。そのものではなく、それが指し示しているもの、つまり、抽象的な感情、「やりがいの場所にいるという感覚」を求めているのであって、夢に出てきた、そのものではないです)










……そして、2018年も半年くらい経って、また思うことがありました。


「やりがいの場所」というのは、具体的な職場とか、そういうものではないんだな、と。
いや、職場がそれに繋がっているなら、もちろんそれでよし、だけど。

ただ、それは、自分の外部に求めるものではない、他人や外部の環境が「(やりがいの場所を)与えてくれる」ものではない。あるいは「与えてくれない」と不満に思うものでもない。
そういう受け身の何かではなく。
「やりがいの場所」は、結局は自分の中にあるんだな、と。

というより、その本質は、自分の中から湧き上がってくる感情。
生きていることが、(いい意味で)緊張感があって、ワクワクして、素晴らしい、というようなトーン。

日常のささいな事柄にも、この抽象的な感情を入れていくことができる。
仕事でも、生活でも、趣味でも。

じつは、生きている間中、この「やりがいの場所」を感じ続けることもできる。


ということが、最近急に分かった気がしました。

それじゃ、
「大変と感じるくらいのときが、「やりがいの場所」にいる」
という話はどこに行ったかと言うと、それも間違いではないけど、今の時代、それは積極的に選ばなくてもよくなった気がするのです。
もちろん、人によってどういう経験をしたいかは異なるので、「大変」とか「苦労」とか、多少の抵抗があったほうがやりがいを感じられる、ということもあるとは思いますが。

自分の能力を精一杯発揮しなくていいとか、今の状況を変えなくてもいいということでもなく。
ただ、「今この瞬間も、それを感じつつ、同時にもっとそれを感じたいと思う」ことは矛盾がないということです




現時点(7月の終わり)で、2018年の目標について思っていることを書いてみました。

ところで、これまでの経験から言うと、夢の意図に気がついて、受け止めると、同じ夢は見なくなることが多いですね。
まあ、まだ分かりませんけど、あれ以来、同じような前の職場の夢は見なくなりました。




「#2.0的なもの」タグをつけたのは、これからますます多くの人が、食べるためだけに仕事をするのではなく、人それぞれの「やりがいの場所」、その、感情のトーンを求めて、仕事でもいいし、何かをするようになるんじゃないかな、と。
そうなったらいいな、という思いをこめて。


お読みいただきありがとうございました。

明日もきっとよい日です。

台風の朝、なぜか新宿でフルーツモーニング。
パンケーキが食べたかった……

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントは管理者が確認した後に公開されます。
(このブログや投稿にそぐわないと思った場合は公開しておりません)