2018年7月20日金曜日

尖石縄文考古館で国宝土偶を見た


横浜ショーのあった三連休は、長野県へ。

途中、念願の茅野市尖石縄文考古館に寄ることができました。
以前、土偶「仮面の女神」が国宝になった記念の、でっかーーい垂れ幕(コレ)を茅野駅で見てから、気になっていたんです。


茅野駅からバスも出ています。

ビーナちゃんと仮面の女神



ここの何がすごいって、国宝の土偶が二体もあることです。
来月、上野の縄文展で見られると思いますが。
私も、縄文展の前売り券は買ってあって、あとは行くだけ。

縄文のビーナス、初めて実物を見たけど、結構大きかった(高さ27センチ)。
これが地面から出てきたら、びっくり(&歓喜)しますね。



このお尻。
説明はいらないですね。


帽子? 髪型?
それにしても、このセンスの良さ、一体誰が作ったんでしょう。

集落の中央にある広場から、完成形で出土。
どういう状況で埋納されたのか気になります。


時代は縄文時代中期。約5000年前。

気候が温暖になり、人口も増えた、縄文時代の大繁栄期です。
狩猟採集のみで暮らしていくことができました。(多少は、栽培の痕跡も)
八ヶ岳の麓は、一大文化センター。
「中期」と言っても、1000年間も続くんですよ。


(文字の入った写真はクリックで拡大します)

通称「仮面の女神」は、2014年に国宝に指定されたばかり。


この完成度の高さ。
存在感あります。

埋納状況を再現した模型。



お墓と思われる穴に、丁寧に副葬されていました。
いったいどういう人物のお墓だったのか? それとも?

時代は、縄文時代後期、約4000年前。

気候が冷涼化し、縄文時代の大繁栄が下り坂に向かう時期です。
集落が小規模化し、呪術性の高い遺物が増えます。
この仮面も、当時の文化では特別な意味があったんでしょう。分からないのが残念です。


似た土偶も出ているそうです。


三角形の仮面もそうだし、たすきがけの模様も、多分何か、シンボル的な意味があるんだろうけど、何なのかなぁ。

一度失われた文化は、些細なこともよく分からなくなってしまいます。
遺物は残るけど、精神はね。生きた人間がいないと残らないから。

文化の本体って何だろう?
と、考え始めると、不思議な気分。
たとえば、今の私たちの文化も、空気のようなもの。
目に見えない精神を、構成する人間たちが実際に生きることで、保持しているんだろうか。
構成メンバーが全員死んでしまうと、その文化の精神は消えるのだろうか。どこへ?


仮面の女神が発見された穴からは、こういう浅鉢も見つかっている。

優美なディテールだと思っていたら、死者の顔にかぶせたものだそうです。
仮面をかぶって、皆でどういう儀式をしていたんだろう

優美な土器



いちばん広い展示室。
土器がたくさん並ぶ中で(どれもすごいんだけど)、一番目を引いたのはこれ!


縄文時代前期。
センスよすぎると思います。

どこから見ても美しい形に、繊細な模様。

似たような土器もあることはありますが、やはり一線超えていない。
縄文の人も、この土器の完成度が分かっていたんでしょう。


出土状況も特別らしいです。

それにしても、一瞬、アートギャラリーみたいと思ってしまいましたよ。

(『ユリイカ』の奈良美智特集で、村上隆さんが初めて奈良作品を買ったとき、壺しか買えず「これ買わすかよぉ~」とぶつぶつ言いながら持ち帰って、さっそく飾ったら「これ何か、いいよ」と思って、くやしくてまたギャラリーに行った、という話を思い出したw)


他の土器も、それはそれは立派でした。
これ、作るのに相当時間かかったんじゃないか?


こんなのもあります。


下手くそな土器。
確かに~。ほほえましい。
誰でも最初から上手く作れるわけじゃないもんね。



ミニチュア土器。
日本人のミニチュア好きはこんな時代から!?

縄文時代



諏訪湖周辺の遺跡。
緑が旧石器時代、赤が縄文時代、青が弥生時代です。

縄文時代に激増しているのがわかります。
弥生時代の稲作には、それほど向いていない土地だったみたいですね。


「縄文」のつけ方。


「編布(あんぎん)」と呼ばれる、植物の糸で編んだ布。
編み方がいろいろあるようです。

ここらへんのパネルで上野の予習、予習。



縄文時代は、約13000年前~約2300年前。

前期、中期、後期だけでも、3000年もあるんですよ。
ちなみに東北の遮光器土偶などは、さらに後、晩期に全盛になります。

翡翠と黒曜石


黒曜石の産地が、霧ケ峰にありました。
冷山(つめたやま)には、露頭があるそうです。



もちろん、糸魚川のヒスイも出土。



千葉県銚子のコハク、数は少ないけど、綺麗な水晶もありました。


尖石遺跡と「とがりいしさま」

博物館を出ると、道路を挟んで尖石遺跡と与助尾根遺跡があり、ぶらぶらできます。


与助尾根遺跡には、竪穴住居がいくつか再現されていました。


同時代の土器が出てきた(=たぶん、同時代に家が建っていた)
場所に再現しているそうです。


家の中はひんやり、そして、ちょっとカビ臭い土の匂い。


道路を渡って、尖石遺跡へ。


階段が見えたので降りてみたら、遺跡の名前の由来になった「とがりいしさま」がありました。


すごく暑くて、手前で帰ってしまうところだったよ。


縄文人が石斧を研いだ共同の砥石、という説もあるようです。


暑いので、ここまで来る人も少なくて、静かでした。
といっても、すぐ近くですが。


ここが階段ですよ。
見逃さないように~!


図録と遺跡のパンフレットを買いました。
どんぐり粉入りビーナちゃんクッキー、楽しみだわ~。

次は上野で、失われた縄文の精神の名残りを感じてくるぞ!



お読みいただきありがとうございました。
おしまいです。

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントは管理者が確認した後に公開されます。
(このブログや投稿にそぐわないと思った場合は公開しておりません)