2013年7月3日水曜日

Tolot(2冊目)で、ページの端っこに文字を配置する

2冊めのTolotを、年末の台湾旅行の写真で作りました! 1冊目のときの記事はこちら。

で、また、Photoshopでページを作ったんですが、今回はいろいろ分かっているので早かった。
一番、時間短縮になったのは、「事前に、紙に手描きで、全ページの構成ラフを書いたこと」w

前回は、無謀にもいきなりPhotoshopを開いて、ページを作り始めたので、「この文章はあの写真の隣に入れた方がよかったかも。待てよ、するとこのページは……」と、えんえん試行錯誤をくり返し、ムダに時間がかかりました。

あと、今回は文字をページの端に入れたのですが、レイアウトではうまくいっていても、実際はそうとはかぎらないことが分かりました……ので、メモしておきます。


左がレイアウトしたときの画像で、右が実物の写真。
数字は、ドブ(赤いレイヤー)から32pxという意味です。


他はこんな感じ。これもけっこうギリギリ。

ページによっても切り取られ方が違います。
50pxくらいあければ安心だったのだろうか!?(未検証)

Tolotのブログを見ると、
見開き写真分割ツールを作りました
ページのレイアウト方法(四分割や二分割、三分割)
など、いろいろ進化しているな~と思います。

私はたくさん出てくる中華料理の写真を無理やりおさめるために、横三分割なんかにしていた(ドブを考慮しなきゃいけないのでちょっと面倒ですね)。


あと、今回は表紙……いや、表紙は変更できないので、1ページ目を表紙に見立てて、こんなのも作ってみました。


画像を切り貼りしてレイアウトするの、楽しいですね。

(旅行の記事は、お土産とフルーツについてだけあります。しゃりしゃりのレンブが美味しかった~
台湾一周のおみやげと、台南フルーツ(釈迦頭、レンブなど)」)

鉱物の写真がたまったら、また作りたいです。

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントは管理者が確認した後に公開されます。
(このブログや投稿にそぐわないと思った場合は公開しておりません)