2016年6月10日金曜日

『わーくしょっぷ6』の内容紹介

『LOVE & ××× [アンソロジー短編集]』 わーくしょっぷ6
※Kindleは投げ銭100円、それ以外は六月末まで無料ダウンロードできます。

今日も新たなブルースクリーン画面が出て、BIOSが起動しなくなりました。もう何なんだ。
とりあえず解決したので、いそいで『わーくしょっぷ6』の内容紹介を書きます。

今回のテーマは「LOVE & xxx」。収録作品のxxxは……。

新宿区における女子会の典型的な一例~トロピカル・レイン
(山田宗太朗)
女子じゃない人も混じってるけど、女子会です。
いちばんノリよく読める作品。
山田さんはシナリオの勉強をしているらしく、会話でそれぞれのキャラクターを浮かび上がらせるのがうまいな、と思いました。
プロット(後述)通りにだいたい書けるのがすごい。
xxxは「女子会」。

相沢さんの「好き」に関するいくつかの考察(晴海まどか)
『はーべすと(わーくしょっぷ3)』のキャラクターが出てきます。
つまり、スピンオフ作品ですね。
『3』のときの主人公の親友、相沢さんが主役です。でも、真美ちゃんと熱愛彼氏も結構なボリュームで出てきます。
楽しく読める学園もの。これまた、プロットが詳しくてすごい!
xxxは「好き(like)」ですね。

霞ヶ森と最後のデバイス(楢野葉)
私の作品。xxxは「人工知能」。
霞ヶ関あたりがきれいさっぱり森になった近(?)未来で、人間を超える人工知能が誕生するお話。
詳しくはこちらの記事をどうぞ。
いやー、周囲の作品から浮いてますね。
はっきり言って、SFが好きで、堅苦しいものOKで、人工知能に興味のある人向けです。
プロット段階では、森と、少女と、人工知能が出てくることしか決まっていなかった。

境界のない日常(笹原祥太郎)
訳ありの二人(男?)が新潟にアンニュイな旅をする、一見ふj……いや何でもない、旅行もの。
この作者独特の、ふわふわっとした不思議な文章を楽しむ感じでもある。
けっこう哲学的。
もっと、あの二人が旅の間に何をしたのか、しなかったのか、具体的なことを書いてほしかった。
xxxは「自由」とのこと。

LO■VE(これこ)
なやみを抱える十歳の少年鈴くんが、ある晩、同じように眠れないパパと語り合い……。
この作者らしい、メルヘン・ダークなお話。
xxxはもう、「■」でいいんじゃないか。
それくらい「■」モチーフが散りばめられている感じ。
ところで、けっこう難しい話かもしれない。
よく分からない細部は、プロットを読むとすっきり理解できるかもしれません。


以上です!

プロットも収録になっています。

今回は、「最初にプロットのたたき台を出して、お互いに批評し合った後、第一稿を書く」という方針でやりました。でも、自分の限界というか、課題も明らかになりましたね。なかなかプロットが作れない……その通りに書くことができない……これが4月時点での愚痴

でも、ともかく、bookwalkerでは「BWインディーズ」という個人出版のページが別になっているので、そこでランキングに乗ることができたみたいです。


昔のKindleみたいな感じなのかな?
表紙の相性がよかったかも、と言っていただけて、嬉しいです!

ご興味ありましたら、六月末までによろしくお願いします。

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントは管理者が確認した後に公開されます。
(このブログや投稿にそぐわないと思った場合は公開しておりません)