2016年6月6日月曜日

水晶が生えたピンク色の森

※新宿と飯田橋の記事は後で書きます! 何か、いろいろ手間取っていて。これは、先月、写真を撮って「下書き」してあった記事。


盆栽感が楽しい一品!

Rhodochrosite, Quartz
ブルガリア、スモリャン州、マダン、クルシェヴドル鉱山
W57.6mm

ロードクロサイト(菱マンガン鉱)と水晶の共生標本。
ひそかに狙っていた組み合わせ。

もちろん、スイートホーム産のもっと赤みが強く透明感のあるロードクロサイトと、針のような水晶が組み合わさったタイプもあります。というか、新宿の二階に出ていました。けど、お値段が、大変なことに!

それとは別に、こうした、いちごチョコレートみたいな不透明なタイプも探してました。
ロードクロサイトだけでなく、水晶が付いてなければなりません。

この標本は、写真をパッと見たとき、「色がかわいいし、全体のバランス感が好みだな~~」と思い、即行問い合わせてゲットできました♪(ラベルも付けていただきました、ありがとうございました)


真上から見たところ。ニョキニョキ。


水晶は照りがなく、白濁しています。

自然光で、白い背景で撮ったら、ぼやけた感じになってしまいました。
でも、肉眼で見てもふんわりした色なので、いいかと思います。いや、実物は一層かわいいですけどね!

これはブルガリア産ですが、ペルー産、中国産でも水晶共生ものはある気がします。どうだろう? 今度は、もう少しピンク色の濃いものが欲しいかも(^v^)


水晶が生えたピンクの森。

小さな人形を置いてみたい。


ブルガリアの博物館にも、でっかいロードクロサイト岩がありました。
ソフィアの自然史博物館(続き)
あれは、もう少し色が濃かったし、ポコポコ丸くなってましたね。これは(ピンクの)苔みたい。


ブルガリアの水晶といえば、ガレナと水晶の共生標本も有名なのですが、まだちょうどいい大きさの、気に入ったものを見つけていません。

同じころネットに出ていたんだけど(今回のとは別の店です)、それは見たときSOLDになってました。あれ、宇宙ステーションみたいでよかったのになー。いつか手に入れたい!


2016年春の戦利品でした。


ランキング♪

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントは管理者が確認した後に公開されます。
(このブログや投稿にそぐわないと思った場合は公開しておりません)