2016年8月18日木曜日

パークロイヤル・オン・ピッカリング

お盆にシンガポールに行ってきました。今回の旅のテーマは「植物」

シンガポール政府は、国家戦略として、都市の緑化に力を入れています。
と、スポンサーがキャノンに変わった『世界遺産』(TBS)でやっていた

霞ヶ関が森になった話なんか書いているんだし(書いてます…)これは見に行かないと。
「シンガポール植物園」「ガーデンズ・バイ・ザベイ」を目的に、もう一つ、植物いっぱいのホテル、

パークロイヤル・オン・ピッカリング(PARKROYAL on Pickering)

ここに泊まりたかったー! (Booking.comExpediaのページはこちら)

いやーー期待を裏切らず、素敵なホテルでした。
こういうところに暮らしたい、と思いましたw植物だけじゃなく、何しろ新しいホテルなので、細部までスタイリッシュで機能的。何気にロケーションも抜群。まあ、唯一残念だったのは、バスタブがなかったことかな。

以下、ひたすら外観やらプールやら、画像を貼ります。あーー、また泊まりたい。


ロビー



タクシーで近づいていくと、異様なビルの外観、凝ったエントランス。(これは夜ですが)

チェックイン午後3時とありましたが、午後1時半ごろ着いて部屋に入れました。ゆっくりできて、うれしい。



ロビーは人がいて撮りづらいけど、吹き抜けで広々した空間。

小さいバーと、赤や黒のソファがたくさん置いてある。

ビジネスホテルかと思いきや、ちゃんとウェルカム・ドリンクが出る。



この緑の壁、中はトイレ。


エレベーターホールから見たところ。細長いビルです。

部屋



エレベーターから降りると、一度外廊下に出ます。

暑いけど、リゾートっぽい雰囲気でよかった。(写っていないけど左の壁も植物が這わせてあります)


すごく使いやすいお部屋でした。

新しいからか、シャワーヘッドでも、パネルでも、おしゃれで機能的。

狭いように見えて、広い。

物を置く場所やひきだしがたくさんあって、便利(これ結構大事、わりといいホテルでもあまり考えられてなかったりする……)。
天井が高くて、気持ちがいい。



冷蔵庫は、ドリンクやピーナッツを取って60秒経過すると自動的に課金される、ハイテクな仕組み。なので、冷蔵庫の自由に入れられるスペースは少なかった。

椅子もちゃんと仕事できる椅子だった。


机の上の照明は弱めだけど。


窓際の椅子は、ソファではないけど、寝そべって何かをするのに実にいい。

あと、外の緑がやっぱりすばらしい。


足が黄色い鳥がやってきて、部屋の中を覗き込んでいった。


唯一残念なのは、バスタブがないこと。

シャワーの水圧も、十分でした(6階だった)。
一泊目はマンダリン・オーチャード(12階)に泊まっていたのですが、そこより水圧はあった。


バスルームは、稼働壁で区切ることができるようになっている。

プール


観光で疲れていても、プールには入らなければなりません。



見上げるとこんな感じ。


夜もいい。

シティの方角の夜景が見える。マリーナ・ベイ方面はビルがあるので見えない。
しかも、空いている。
(とはいえ人はいるので、全体像は撮れませんでした)




デッキチェアのほかに、鳥かごみたいな休憩所がたくさんあって、中でごろごろできた。


同じフロアにジムもある。

休憩エリアにも鳥かご。


とにかく、植物たちがよく手入れされていた。

もちろん気候もいいだろうけど、剪定したり枯れた葉を取ったりと、手間も相当かかっているはず。


もう一度プールに入りたかったな。

朝食



32Sドルだけど付けましょう。いいです。


パンがおいしい。二日あったけど、全制覇は難しかった。

フレッシュジュース、ジャム、はちみつ類も充実。
バターはエシレ(食塩、無塩両方あり)。カヤジャム、マーマイトまである。


ガラス容器、それぞれ流木の形に合わせて作られているのが面白い。3Dプリント?


いただきまーす!

和食も少しあるし、中華やフォーもある。カレー的なものも。
めずらしいところでは、ケーキとチョコレートのケースがあったような?


ふう。食べすぎに注意。

外観、ロケーション


ロケーションは素晴らしい。
チャイナタウンとクラークキーの中間にあるけど、この二か所に徒歩で行けるというのは、おいしい食事にまったく困らないということだ。

シティにも歩いて行ける。

ダウンタウン線が通っているので、マリーナ・ベイ・サンズにも一本で行ける。


位置的には、ホン・リム・パークの隣にある。

タクシーの場合は、住所を伝えたほうが確実です(3 Upper Pickering Street)


ところで、ピッカリングって人の名前ですね。

この通りはそういう人が住んでいたんでしょうか?


MRTクラークキー駅の出口がすぐ近くにある。

チャイナタウンの駅も近いけど、ここの駅のほうが空いていた。


公園のさまざまな角度から見上げたところ。



朝、公園を散歩することができる。
ちなみにフォート・カニング・パークも近いです。

この日は天気がいまいちですが、涼しくて、街歩きにはよかったです。


拡大。


チャイナタウン側から。


もふもふ。

おまけ(遠景)


ラッフルズ君と。


ちなみに、2011年に行ったときにはまだ建ってなかった。


アイオン・スカイから。
アイオン・オーチャードは、55階に無料で登れる。ただし、15時~18時。


ふう。

ピッカリング愛、表現できたでしょうか。


また泊まりたいです。おしまい。

追記)ネットを検索すると、もっと素敵な写真が出てきます。
航空券と一緒だと、意外とそんなに高くなく取れたりします。

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントは管理者が確認した後に公開されます。
(このブログや投稿にそぐわないと思った場合は公開しておりません)