2016年10月25日火曜日

「大仙厓展」、見てきました

こんなにたくさんの本物を、一度に見られるとは。


少し前になりますが、出光美術館の開館50周年記念、「大仙厓展」を見てきたので感想を書きます。

「ゆるカワ」絵として知られている仙厓さん、すごく好きなのに、本物はあまり見たことがなかったんです。今回、おなかいっぱい見ることができました。さすが「大」がつくだけあってどこもかしこも仙厓仙厓。

やっぱり本物はいいな! 筆のストロークがよく分かりますよ。じっと見ていると追体験ができるというか、一筆描きとか、「あっ、犬の髭の先、曲がったけど、まぁいいか」みたいな気分も味わえる。本当にてきとう…いや、自由で楽しそうな線です。


* * *

美術館の展覧会に行くたびに、どれが一番お気に入りか考えるんですが、今回は本当に選べなかった!

○布袋画賛(文化十四年)
このおっちゃん、味ありすぎるよね。カワイイ。これとは別に、四十代のころ描いた布袋さんは写実的でびっくり。ここから、あの「ゆるカワ」への変遷が始まった。

○絶筆碑画賛
思わず、笑った! こんな画を描いちゃうなんて。
仙厓さんの筆は当時から揮毫の依頼が引きもきらず、みんなが紙を置いていくので「うちはトイレか」とこぼしながらも、依頼に応えて適当に描いていたのだが、ついに82歳のとき絶筆宣言。庭には「絶筆の碑」まで立て、その画を描いて人に送ったそうだ。が、それでも依頼は止まず、しかたなく撤回して死ぬまで描き続けたとか。

○狗子仏性画賛
子犬のことが本当にかわいいという表情の子どもや、それを見る大人たちに、ほのぼの。

この部屋は、仙厓さんの有名な禅画が勢ぞろいで、感激した。
蕪、ほのぼの指月布袋図、一円相、「□△○」。お菓子の「ひよこ」を思い出す自画像など。
「狗子仏性(イヌにも仏性はあるか?)」「直指人心」など、『鉄鼠の檻』(京極夏彦)を思い出すなぁ。

○三聖画賛
釈迦と孔子と老師が鍋を囲んでいて、「それぞれ教えは表面的には異なっているように見えるけど、実は同じところから汲み出しているんだよ」という意味らしいけど、ただ鍋ができるのを待ってる好々爺三人しか見えないのがいい。
「じっくり待てばうまくなる」みたいなことも書いてあるし。

○「きゃふんきゃふん」犬図
これに限らず、さらさらと、実に楽しそうに描いているんだけど、伝える特徴はつかんでいて、時にはっとするほど上手いのがこの人の特徴。

別の画で、面白いことが賛に書いてあった。

「世の中の画というものは、美人のごとく、笑われることを憎む。
 仙厓の画は、ふざけた者のごとく、笑われることを愛す。」

これは「上手く描く」っていう枠から外に出てるってことだよなぁ。
そういう境地ってなかなかいい。

○トド画
これ一番かわいいぃぃ! ゴマちゃん。

○龍虎画賛
見たことないほどユルい龍虎図なんだけど、
「これ何?」
「龍だよ」
「人大笑い 自分も苦笑」
というような意味の画賛が、堂々と書いてある。

○三福神画賛 何気ない一枚だけど、年賀状にしたい。

あと、仙厓さんは石が好きで、珍奇な石のコレクターだったそうだ。
「亀石」というつるつるした赤っぽい石や、姫島に行ったとき拾ってきたという「神授(天然)硯」、つまり天然で硯っぽい形になった石などが展示されていた。どちらも本人が由来の巻物まで作っている。




別冊太陽の仙厓特集、すごく充実していた。

鶴乃子はマシュマロ。

今回、生涯について知って発見したのは、仙厓さんの「ユルかわ」絵は、本人のユルさ(イコール、他人をすぐ善悪で裁いたり、責めたりしない、辛抱強くて、寛容な人)に由来するところがずいぶんあって、それで、自分はその雰囲気に惹かれるんだな、ということでした。

写真で見るのもいいけど、やっぱり実物はいいです。

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントは管理者が確認した後に公開されます。
(このブログや投稿にそぐわないと思った場合は公開しておりません)