2013年11月15日金曜日

マナスル登頂回の感想


母と沖縄に行ってきました。
でも、その話は後にして、先にイッテQのマナスル登頂回の感想を書きます。


ちょうど沖縄に行っているときに放映だったので、録画していきました。

いや~~今回もやる気を貰いましたね~~。

山頂からの眺めがなかったのは残念だけど、それはエベレストまでおあずけ。今回はとにかくチームワークがすごかった。全員で登頂できるなんて、何て運がいいの!

旦那はイモトより石崎Dに感心してました。「8000メートルの山に登った人間というのは、全人類のごく一部。その限られた人間のなかに、あの石崎Dが……(のけぞる)」
石崎Dは、「食べな、食べな」とか、「じゃあ俺が(エベレスト)先に登っちゃうよ」とか、相変わらずイモトと仲良くやっていたように思います。イモトのお父さんも、娘より先に石崎さんは元気か聞いてたし。

私は、キャンプ1で、寒さでズタボロになっているイモトの横で、「天国ですよ♡」って言ってる貫田さんが可愛くて、というと男の方に失礼ですが、あのテントにすっぽり入って頭と肩だけ出して「天国♡」って言ってるところがもう。顧問のこと好きになりそうです。
あれは山が好きで好きでしょうがないって感じ。まあ、お金を貰って8000メートルの山に登れるなんて、山好きには天国以外の何ものでもないのかもしれませんが。

そういえば、角谷さんも途中でクライマーズ・ハイになってました。雪崩の巣と呼ばれる危険なエリアを抜けながら、うっとりと「ヒマラヤ襞がきれいだなあ……」とかね。

アコンカグア編とマッターホルン編も見直したくなってきました。録画しておけばよかったな! やる気が出ないときに見たら、本当に効くと思うんですよ。今回、キャンプ4の手前が景色も音楽(何だっけあれ、タイタニック?)もすごく良くて感動しました。何かこう「人生、志を高く持たなきゃな」って感じです(大袈裟)。

ちなみに、マナスルの水晶はどういうのだろう、と、『ミネラ』を調べてみたら、クローライト入りのものでした。


写真はマナスルとは全く何の関係ない、沖縄中部の海岸です。

【関連記事】
イモトとマッターホルンのイケメン現地ガイド、ミハエルの会話